スポンサーリンク

キャンプの夜に活躍するGENTOS(ジェントス) NEXERA(ネクセラ) 907D

今回は、僕が最近キャンプで使用しているLEDライト GENTOS(ジェントス) NEXERA(ネクセラ) 907D を紹介します。

キャンプで使うにはどんなLEDライトがいい?

キャンプでLEDライトを使う場面としては、主に夜中にトイレや食器洗いに流し台まで行く時などが多いのですが、道の悪いところを歩くこともあったので、もっと広範囲に明るく照らせるLEDライトがないかと探していました。それには、照らす範囲を広くしたり狭くしたり変化させられるタイプが良さそうです。

いままではGENTOS(ジェントス) 閃シリーズの SG-325 (150ルーメン)を2年くらい使用していました。閃はコンパクトで良かったのですが、こちらはあっくんに譲り、もう少し大きくても良いので足元を明るく照らせるライトを購入したいと思ったのです。

そこで購入したが、今回hご紹介するGENTOS NEXERA 907Dです。

GENTOS NEXERA 907Dの主な仕様

まずは、このライトの主な仕様を記します。

  • サイズ:直径40×209mm
  • 本体重量:約423g(電池含む)
  • 本体材質:アルミニウム
  • 原産国:中国
  • 付属品:本体、ポーチ、ストラップ
  • 明るさ:330ルーメン
  • 使用電池:単2形アルカリ乾電池×3本(別売り)
  • 使用光源:チップタイプ白色LED×1灯
  • 実用点灯:Hi/18時間、Mid/24時間、Low/72時間、Flash/65時間
  • 機能:インスタントオフスイッチ、スローライティングオフスイッチ、防滴仕様
  • 最大照射距離:約140m
  • 照射特性:フォーカスコントロール

サイズは大きくもなく、小さくもなく片手で握るのにちょうど良い太さ、長さサイズです。本体の重さも、単二乾電池3本が入るので、それなりにありますが昔の懐中電灯は、みんなこれくらいのサイズ、重量があったと思います。

ですので大きさ的には気にならないというか、むしろ使いやすいと感じるサイズではないでしょうか。

NEXERA 907D 02

スポンサーリンク

GENTOS NEXERA 907Dをキャンプで使ってみた

このGENTOS NEXERA 907Dは、330ルーメンの性能をもつライトですが、同じジェントスの150ルーメンの閃シリーズを使ってきた僕にとってはかなり明るくて、頼もしいLEDライトです。キャンプでは、これ以上必要ないと思うくらいの明るさはありますね。

明るさの点ではNEXERAシリーズでは、乾電池を使うタイプにもう一つ上級機種の

GENTOS(ジェントス) NEXERA(ネクセラ) 909D NEX-909D

がありますが、こちらは600ルーメンとさらに明るいのです。

ただし、単三電池6本を使用するタイプなので、NEXERA 907Dの実用点灯時間が18時間(ハイモード)に対し、NEXERA 909Dでは7時間と短い仕様になっています。明るさでは909Dが断然有利ですが、防災などへの仕様まで考えるとNEXERA 907Dの方が安心感がありますね。

また、ライトって良く電気回路の接触などが問題で、故障することがあるものですが、約半年使用してみてその様なことはありませんでした。GENTOSブランドは商品の信頼性が高いイメージがありますが、その通りだと思います。

まとめ

昔の懐中電灯を思い出させるサイズのNEXERA 907Dですが、結構使いやすくて気に入っています。この記事を書いている時点では、アマゾンで45%割引きになっているので値段の方もお手ごろです。

NEXERA 907D 01

僕はNEXERA 907Dをテントの中にいつも置いてますが、このくらいのサイズの方が暗くなった場所でもすぐに見つけられ、手にすることが出来るのでコンパクトなタイプよりむしろ使いやすいと感じます。

明るさについては、330ルーメンと十分な明るさをもっていますが、さらに明るさを求めるなら、上位機種のNEXERA 909Dも選択肢に入れるとよいと思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事