おっさんソロキャンプ道へようこそ。

このブログを作っているキャンプ好きのおっさん、ochan(おーちゃん)です。

僕の自己紹介をします。

ochanの基本情報

    • 年齢:50代前半
    • 性別:男性
    • 住んでいるところ:海のない岐阜県
    • 出身地:岡山県
    • 趣味:キャンプ、釣り、野鳥観察、生物観察、写真、格闘技観戦、将棋

    生まれてから高校を卒業するまでは岡山県に住んでいました。大学で栃木県に移り、それからは一人暮らし。大学生活時代はバイクとキャンプ三昧でした。当時は宇都宮のWild-1によく通っていました。そして就職してから東京に住まいが移り、そこで10年くらい住んでいました。

    ギューギューの寿司詰め電車で通勤していた、あの東京暮らしが懐かしいです。そのときに比べ、岐阜ではゆったりと暮らせているのでとてもありがたいと思っているのですが、これをありがたいと思えるのは、きっと東京で生活していた経験があるからなのでしょうね。

    格闘技はキック系が好きで、よくYouTubeで試合をみています。那須川天心vs武尊の試合をいつか観てみたいですね。

    特技は一人で旅に出ること

    20歳の頃、はじめてオートバイを手に入れました。その時からバイクに乗ってよく貧乏旅に良く出かけるようになりました。

    学生のころの長期連休には数週間もキャンプツーリングをしながら日本全国を走りまわっていましたね。

    とくに北海道が好きで、もう20回以上バイクで上陸しています。

    伊豆

    あれからもう30年以上経ちますが、今でもキャンプは趣味として続けています。

    定年になったら、また全国をのんびり旅したいと思いながら働いています。

    旅から学んだこと

    一人旅をしていると、自分ではどうしようもないくらい困ったことが突然起きます。そんな時はいつも、親切な方に助けられてきました。

    友人と二人でツーリングしていたときのこと。夜の細い山道で泊まるところが見つからず途方にくれていたとき、偶然通りかかった軽トラのおじさんが心配して声をかけてくれました。そこで状況を話すと、『俺について来い。』と鶯谷温泉の安宿まで誘導してくれました。

    長崎で乗っていたVFR400のレギュレーターが壊れてバイクが動かなくなったとき、飛びこんだオートバイ屋さんに偶然新車の同じバイクがありました。バイク屋のおじさんに状況を話すと、迷わず新車から部品を外し交換してくれました。

    明日の朝、苫小牧から出るフェリーに乗船しなきゃいけないのに前日の夕方にガス欠しそうになり、ガソリンスタンドを探したがどこも閉店でピンチ。ニセコでガソリンスタンドへの道を訪ねた方が、その方の友人の家まで連れて行ってくれ、そこで友人にお願いして友人のオートバイからガソリンを抜いて移してくれたのです。おかげで無事フェリーの出発に間に合いました。

    みんな素敵な方ばかりでした。あの時の自分の様に困っている人がもしいたら、その人を助けてあげられる人になりたいとずっと思っています。

    生き物が好き

    キャンプや散歩で野鳥や昆虫、植物などの生き物の写真を撮ることを趣味にしています。

    小学生のころ、「ファーブル昆虫記」や「ロン先生の虫眼鏡」をよく読んでいました。弱肉強食の世界の中で、子孫を残して生き続ける植物や昆虫の戦略や知恵を発見するのが小さな喜びです。

    三度の飯よりキャンプが好きです

        キャンプは年間40泊を目標に出かけています。長男のあっくんが小さい頃はファミリーキャンプに出かけることが多かったのですが、今はほぼソロキャンプになりました。

        ソロキャンプでは出来るだけお金をかけたく無いので、無料キャンプ場や安い料金のキャンプ場を探して出かけることが多いです。

        キャンプに行って何をしているかというと、これと言って何もしない時間が多いように思います。テントを張ったら、のんびりゆっくりだらーりと時間を過ごすのが好きですね。

        2016年 31泊
        2017年 39泊
        2018年 40泊

         

        焚き火のこと

        焚き火はキャンプの一大エンターテイメントだと思うのです。

        僕のソロキャンプにおける一番の目的は”癒し”です。その点では焚火の癒し効果は抜群です。ゆれるあかりと炎、パチパチという燃焼音、そして煙の香りにかなり癒されていると思うのです。

        風とファイアポット

        このまま理想のキャンプ像を追い続けると、いったいどこにたどり着くのか?

        それが今、最も興味のあるテーマなんです。