GOGlampingのKANU(カヌー)用オプション TPUドア&ウインドウの紹介!
KANUのオプションTPU製品を紹介します!

こんにちは、ochanです。

今回はGOGlampingのKANU自立式トンネルテントのオプションとして2024年5月に発売された、TPUドアとTPUウインドウについてご紹介します。

もしKANUの紹介記事をまだご覧になっていない方は、こちらの記事を先にお読みいただけると理解が深まると思いますのでご参照ください。

今回はKANUを既にお持ちの方、これから購入を考えられている方のためにTPUドアとTPUウインドウの仕様と特長についてお話していきたいと思います。

それでは最後までごゆっくりとどうぞ。

お得なAmazonクーポンコードの情報がこの記事の最後にありますのでお楽しみに。

TPUについて

最近、テントのオプションとして人気を集めているのがTPU素材を使ったドアや窓。

TPUは畳むとコンパクトですが、家の大きな窓のように使え耐久性のある丈夫な素材です。

それではまず、このTPU素材について説明します。

TPUとは?

TPUは熱可塑性ポリウレタン樹脂(Thermoplastic Polyurethane)の略です。
透明性が高いことからスマホのカバーとして使われているので、みなさんも一度は目にしたことがあるのでないでしょうか。
ほかにも耐久性が高いことから、エレベータの手すりや運動靴などにも使われています。
ところで見た目はよく似ていますが、コンビニで売られている透明傘のビニール(PVC)素材とは異なるものですよ。

TPUドア&ウインドウの主な特長

このKANU用TPUドア&ウインドウの主な特長を以下にまとめます。

TPUドア&窓の特長
  1. 冬はサイド窓からの隙間風を止めることが可能。
    2024年5月にバージョンUPされる以前のKANUはサイド窓をフルクローズしても隙間風が通っていましたが、このTPU窓をつけることで隙間がゼロになります。
  2. 雨や寒さで幕内に籠っても屋外の景色を眺めることができる。
    雨や寒さで幕を閉じたいときがあると思います。
    透明なTPU窓やドアを使用すれば、屋外の空間とのとながりを保ちながら幕をフルクローズすることが可能になります。
    せっかくのキャンプだからフルクローズにしても外の景色を楽しみたいですよね。
  3. テントをフルクローズしても光を取り込むことが可能。
    テントの中が明るくなります。朝も早起き出来ていいかも。
  4. テントの見た目がカッコいい。
    夜にテント内で照明をつけると、中が浮かび上がって綺麗です。

TPUドア&ウインドウの細部を観察

それではTPU窓とドアを細部まで見ていきましょう。

まずは下の写真が収納ケース。

TPUウインドウは2枚入り、TPUドアの方は1枚入りです。

ドアの方が面積が大きいので収納ケースも一回り大きめ。

収納ケース

こちらはTPUドアの包装姿。

TPUに傷がつかないように柔らかい紙で丁寧に包まれていました。

これは些細な事ですが、使い始めにこの紙がマジックテープに絡みついてとるのが大変でした。

ドアの包装

KANU用TPUドアの細部

こちらはTPUドアを広げたところ。

ビニールと違って透明感があります。

ここで留意してほしいのがスカート部の色が黒だということ。

黒KANUに取り付ける時はいいのですが、サンドカラーKANUに取り付けると色が違うので気になる方もいるかもしれません。

まぁ、あくまでスカート部分なので目立ちはしないと思いますが。

TPUドア

それではKANUについているドアを取り外して、このTPUドアを取り付けてみましょう。

ドアを交換

ドア部を取り外したKANU。

ドアは全周ファスナーなので取り外し、取り付け作業はとても簡単です。

ドアを取り外す

TPUドアをつけたところ。

写真はTPUが反射する角度で撮っていますが、透明感がとても高いですよね。

なかなかいい感じ。

TPUドア取り付け

KANU用TPUウインドウの細部

続いてTPUウインドウも取り付けていきます。

TPUウインドウは2枚入りです。

下の写真はTPUウインドウを広げてみたところ。

TPU全周にマジックテープがついています。

TPUウインドウ

実はKANUの窓周りには1stロットの時からこのTPUウインドウ用にマジックテープが取り付けられていました。

いやほんと、このTPUウインドウの発売まで時間がかかりましたね(笑)

KANUの窓

ここにTPUウインドウ側のマジックテープをつければいいというわけです。

下の写真はTPUウインドウを取り付けて外側から見たところ。

このウインドウをつけると家の窓っぽいですよね。

TPUウインドウ化

テント全体でみるとこんな感じです。

なかなかカッコいいのではないでしょうか。

テント全景

カヌー用オプションTPUドア&ウインドウまとめ

ここまでKANUにご興味のある方のためにTPUドアとTPUウインドウの仕様と特長についてお話してきましたがいかがだったでしょうか。

KANUはソロ用のシェルターとして使い勝手がかなり良くて、発売以来僕のお気に入りのテントになっています。

いやホント、日本一KANUを使ってキャンプをしているかも(笑)

実は発売以来このTPUドア&ウインドウ発売の噂がずっとあったのですが、なかなか発売されないので僕はやきもきしていました。

今回やっと発売され、KANUマニアの管理人としてはとても嬉しい限りです。

キャンプの環境に合わせこのオプションを使っていけば、きっと今まで以上に快適に過ごせるものと思っています。

この記事がみなさんの購入の参考になれば幸いです。

それでは今回はこのへんで。

みなさん楽しいキャンプを!

 

Amazonのお得なクーポンコードを使ってください。

カヌー自立式トンネルテント(2カラー選択可能):https://amzn.asia/d/7JnXVS7
専用TPUウインドウ2枚入:https://amzn.asia/d/bF45Dv9
専用TPUドア1枚入:https://amzn.asia/d/8VOVU75

10%OFF限定クーポンコード:OCHANKNTPU
有効期限:2024-6-12 00:00~2024-6-23 23:59JST

利用方法:「レジに進む」→「お支払い方法を選択」→「Amazonギフト券・Amazon種類別商品券またはクーポン」→「コードを入力」→「適用」
上記ご利用方法によって、10%OFFコードを適用できます。

そのほかメーカー公式サイトでも購入可能です。

GOGlamping公式直販サイト【カヌー自立式トンネルテント】
GOGlamping公式直販サイト【カヌーテント専用TPUドア&TPUウインドウ】

↓GOGlampingというブランドと、同ブランドのその他の商品についてはこちらの記事をぜひ参考にしてください。

created by Rinker
GOGlamping
¥19,980 (2024/06/24 06:32:43時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事