スポンサーリンク

2代目のソロテントが欲しい

この2週間、仕事が忙しくてキャンプに行けなかったので、キャンプに行きたくてたまらないパパーマンです。今週末は晴れることを毎日祈っています。というか天気が悪くても、行ってしまいそうですが・・・いや、たぶん行くと思います。(^_-)-☆

そんな感じでキャンプに行きたいなーという日々を過ごしているうちに、ある考えがもくもくと脳裏にうずまくようになりました。

そう、そうなんです!

今愛用しているピルツ7は、昨年1年間でかなり酷使した感じがするのです。僕のピルツ7はすでに廃盤になっていることだし、ここで破損すると代わりのテントがないわけで・・・。

これからは、出場回数を減らして長持ちさせるためにも新しいソロキャンプの幕が欲しいです。

もちろん、2代目のソロテント選びなので、やはり昨年1年間のキャンプでいろいろ経験したり、感じたところを重視することにはなるでしょう。もちろんピルツ7を選んだ時に比べて自分流のキャンプのスタイルも出来つつありますし。

なんといっても経験値が違うのは、自分で言うのもおかしいのですが明らかですから。

ちなみに昨年のテント選びは「ワンポールテントはソロキャンプに向いているか考えた」を参照くださいね。

それでは、今回はもくもくと浮かんできた妄想について語りたいと思います。しばらくおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

大津谷01_日曜日の朝

2代目テントへの要望

では早速ですが、どんなテントが欲しいか欲望 要望をあげてみます。

  • 風通しが良くて夏に涼しいテントが欲しい
  • なるべく広い(最低でも3人)テントが欲しい
  • でも広すぎると感じるテントは寂しいので嫌
  • 全高は低い方が良い(立てなくてもいいで風に強そうなテント)
  • テント前には、今と同じようにタープを張りたい
  • タープはお気に入りのムササビウイングを引き続き使いたい
  • タープ下のテーブルやチェア等の装備も今のまま引き継ぎたい
  • 設営はワンポールテント並みに楽なテントが欲しい
  • 多少価格は高くても長くつきあえるテントが欲しい
  • 出来れば、キャンプ場で他の人とカブらないテントが欲しい
  • 色は落ち着いたアースカラーのテントが欲しい
  • 出来るだけ強風にも耐えられるテントが欲しい
  • 前室のあるテントが欲しい

要望の数々をツラツラと書いてみました。

出来るだけ欲しいテントの姿を分かりやすくしたかったので要望を抑えたつもりなのですが。こうしてみると頭の中には煩悩ともいえる数々の欲望があふれている様です。

スポンサーリンク

願いを叶える素敵なソロテントの調査

そんなパパーマンの願いを叶えるのテントをあげてみます。

スノーピーク(snow peak) ランドブリーズDUO ラージフライ [2人用] SD-211

スノーピークでは、こちらのテントに興味があります。渋い色も、かたちも好みです。アマゾンで現在 53,784円でポイント6,325ptついてくるので実質47,459円。テントについているプラスチックパーツでライトタープ“ペンタ”シールドと接続出来るみたい。

部品の形状が不明なのですが、もしムササビウイングも接続できれば評価が高いです。気になる風通しは、どうだか不明です。

snowpeak (スノーピーク) テント エルフィールドデュオPro. SD-225R

こちらも、いいかなと思いますが、スノーピークのHPで写真と図面を何度見てもどんな形か未だによくわかりません。(笑)でも、ボトムの耐水圧10,000mmミニマム はすごいですね。スノーピークのテントは全高が低くて風に強そうです。

アマゾンで現在60,264円のポイント6,623pt で実質53,641円 。もちろんアメドSもいいテントだと思うけど、少し欲を出してみたいと思います。

キャンパルジャパンでは、こちらですね。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) テント ドーム型 ステイシーST-2 [2~3人用] 2616

前モデルのステイシーST(2~3人用)は、1年前のピルツ7の購入時にも迷ったテントです。ピルツ7やロッジシェルターを使っていると、キャンパルジャパンのテントはよく考えて作られていると感心するところが多くて一目おいています。

ステイシーST-2は室内も広いのですが、前室も広くて使い勝手が良さそうです。

最後は、風通しと設営の良さで定評のあるモンベルのこれ。

モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 5型 アイボリー[4~5人用] 1122289 IV

昨年、モンベルのお店の前で組み立てをしたテントです。

このテントについては「夏に涼しいテントが欲しいので見てきました」の記事をご参照ください。

実際に設営は、かなり簡単だと感じました。ポールは広げるとゴムの力でどんどんつながっていきます。テント本体は吊り下げ式でこれまた簡単設営出来るし、ペグも打つのは8本だけで張り綱が不用なのもいい。(張り綱は張れる様にはなっているのですが、用意されていません。)

Aフレームなので壁の角度はかなり立っていて、中は広くつかえます。4面にメッシュがあるので通気性は良いのではないでしょう。
前室が小さいので靴くらいしかおけませんが、5型なら荷物を室内に入れることが出来ますね。

ムーンライトなら3型より5型がいいですね。買うなら好みの色はアイボリーです。夏の昼間にテント内で昼寝したいのですが、大丈夫かな。

アマゾンで¥ 49,464 & 関東への配送料無料

2幕目のテント選びのまとめ

まだ気持ちがまとまりません。(笑)絞り込むとすればバランスの良いムーンライト5、他の人とかぶらない確率が高いランドブリーズDUOの中からかな。

煩悩を消すために、検討はまだ続きます。

それでは、今回はこのへんで。

(注:記載されている価格はすべて、本記事を記載した時点のものです。)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事