先週は、とうとうインフルエンザにかかってしまい、月曜日から高熱が出て1週間頭がもうろうとしていたパパーマンです。検査結果はB型で、ずっと体中が痛くて参りました。みなさんも、お気をつけください。

今回は新しいテント選びの話です。最後に購入したテントのことも書いています。

スポンサーリンク

熱のある頭で考えた次期ソロ用テント選び

さて以前、「ソロキャンプ用テントの2幕目を考え中」という記事を書きましたが、新しいソロテント選びはまだ続いています。

パパーマンのソロキャンプは、軽自動車にキャンプ道具一式を積んで移動するスタイルですが、このスタイルにぴったりなテントは無いものか?高熱の中で浮かんできた、煩悩の数々について書いてみたいと思います。

粕川41_テントの中

あっという間に設営できるケシュアについて考えた

まず、前回最後に候補に残ったQuechua(ケシュア) 2 SECONDS EASY 2 FRESH&BLACK ポップアップテント 2人用

ケシュアのポップアップテントを購入された方のレビューを読んでいると、フロアシートが、ブルーシートの様な生地で出来ているという書き込みがあり、この点が気になりました。

確かに、仕様を見ているとボトムシートだけポリエチレンになっているようですが、これはブルーシートと同じ材質です。というわけでボトムの耐久性に不安があることから、ケシュアを候補から落とすことにしました。

スポンサーリンク

ランドブリーズDUOから視野を広げる

残るは2つ。スノーピーク(snow peak) ランドブリーズDUO ラージフライ [2人用]

これ、格好いいテントですね。ただパパーマンのソロキャンプではテーブルこそロースタイル(ZATAKU Ⅱ)を採用していますが、チェアは通常の高さなのでテーブルとチェアを前室に収めるには、ランドブリーズDUOだと前室が小さすぎるのが難点だということが分かりました。

粕川15_せいろは続くよどこまでも

ソロでキャンプ場を少し離れて、買い出しや温泉に行く時には、キャンプ場に残る人が居ない訳なので、前室内に荷物を全て入れてフライシートを閉じることで、盗難防止としたいのですが、その為にはある程度の高さがある広い前室が必要です。もちろん、一日中雨が降ったり、風が強い日にもに立つかと。

そこで、見つけたテントがこれ。

キャプテンスタッグ CS ツールームドームがいいのでは

写真の様な2ルームタイプのドームテントです。

よくあるタイプのテントです。

インナーテントサイズが225×225mmで、候補にしていたモンベルのムーンライト5とほぼ同じくらいですね。

前室サイズはというと225×195mmで十分な広さです。

パパーマンがファミリーキャンプをする時に初めて買ったコールマンのテントが、ちょうど前室のサイドにトビラがあるこんな感じのテントでした。

インナーテントのサイドに小窓がついているのがポイントで、風通しは良さそうです。一度だけDUOキャンプで、このテントを使用している方を見かけたことがありますが、サイズ感としてはちょっと大きめですが、これくらいならソロで使ってもいいのではと感じました。

価格は、現在アマゾンで21,692円。ずっと、2万円を切っていたのですが、1週間前より4,000円くらい値上がりしている様子・・・・。

購入するには、もう少し時期を待ったほうがよさそうですね。

結局ユニフレームのユニツアー3を購入しました。

以下は2017年4月2日の追記です。

この記事を書いてからずいぶんたちましたが、約1年後の2017年3月に結局ユニフレームのユニツアー3(数量限定販売)を購入しました。前室が広くて使いやすいテントで気に入っています。

関連記事:ユニフレーム ユニツアー3初張りキャンプ

粕川41_ユニツアー3の夜

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事