今回は復活したOgawaのピルツ7のご紹介です。

スポンサーリンク

カナディアンイーストのコラボモデルとして復活

パパーマンのソロキャンプ用として、昨シーズン大活躍していたのが小川キャンパルのピルツ7です。下の写真は、昨年に北海道のキャンプ旅をしていた時のものです。

このピルツ7は購入してからすぐに廃番になり、在庫切れになってしまいましたが、昨年、ピルツ7に関する記事をかなり書いていたので、今でも”ピルツ7”をキーワードに訪れてくれる方が後を絶ちません。

そんなピルツ7ですが、いつか復活するかもしれないと思っていたところ、カナディアンイーストとのコラボモデルとして先月復活しました。他にもピルツ9のブラックも追加されています。

ピルツ7復活

珍しい黒いテントのブラックピルツ

ピルツ7にはパパーマンが購入したサンドカラーとは別に、当時”ブラックピルツ”と呼ばれた真っ黒なピルツ7がラインナップされていました。黒いテントというのは当時非常に珍しかったというか、テントとしてそれまでに無かった色なので人気のカラーでした。

今回、コラボモデルとして復活したのは、このブラックのピルツ7になります。この復活したピルツ7もいつまで販売しているか分かりませんので、手に入れたい方は今がチャンスですね。

スポンサーリンク

雨の日にハーフインナーがあれば便利

もう一つ、既にピルツ7をお持ちの方に朗報です。ピルツ7のオプションだったハーフインナーもアマゾンで復活しているようです。昔ピルツ7を購入したけど、ハーフインナーを買いそびれた方はいかがでしょうか。ハーフインナーがあるとテントの半分を前室にする様な使い方が出来、雨の日なんかは便利なのでパパーマンも欲しいです。

ご参考までに、ピルツ7に関する関連記事をいくつか紹介しておきます。(その他にも書いていますが。)

それでは、また。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事