スポンサーリンク

青空と粕川の風景

前回の記事「粕川オートキャンプ場 冬鳥 ツグミ」の続きです。

2月19日(日) 10:30

今日は青空が広がる良い天気ですね。

一日のほとんどの時間をタープ下でのんびりと、鳥の観察などをしながら過ごしていました。

粕川38_いい天気

昨日サイトに散らばっているペグを見つけたのですが、これを集めてみました。モンベルやユニフレームの文字が刻まれたペグでした。

粕川38_ぺぐ集合

コチドリが千鳥足であるく

河原を見知らぬ小鳥が歩いています。丸くて小さい可愛い小鳥でした。よくみかけるセグロセキレイなんかよりも体が小さいです。だいたいスズメくらいかな。

粕川38_コチドリ01

額の部分が黒くなっています。これも図鑑で調べましたがコチドリという千鳥(チドリ)の仲間ですね。

イカルチドリとコチドリの模様が似ていて見分けがとても難しいのですが、鳥のサイズから考えるとコチドリサイズだと思います。

粕川で見られるのは珍しい鳥ではないかと思います。

粕川38_コチドリ02

この次に来た時は、このコチドリをもっときれいに撮ってみたいですね。

粕川38_コチドリ03

今日もPA-3をいただいます。このヨーグルトのおかげか今年シーズンは今のところ風邪やインフルエンザにかかっていません。

粕川38_PA1

15:10 撤収前のコーヒータイムです。

粕川38_コーヒー01

16:00までに撤収を完了しました。

もっとはやく片付けようと思っていましたが、天気が良くて気持ちがいいので、この時間になりました。本当にいいい一日でしたね。これで充電完了です。

粕川38_撤収前

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、このへんで。

明日もキャンプに行きたいっ!

→初めの記事「粕川オートキャンプ場 先週の大雪が残したもの」に戻る。

今回のキャンプ日記の記事一覧

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事