スポンサーリンク

菜の花の生命力を感じた

前回の記事「今日は啓蟄(けいちつ)の日です」の続きです。

粕川オートキャンプ場 2017年3月5日(日)の朝。

朝の散歩は、まだまだ続きます。

2/11の大雪の後に見た時には、ここの菜の花はぺちゃんこに潰れていました。

でも今日見るとすっかり立ち上がっていて、元通りの姿に戻っているではありませんか。自然の植物はやはりタフです。

この菜の花は冬の間に粕川で唯一見られた花でしたが、そろそろ他にも花が咲き始める頃じゃないかと思いながら、さらに花を探して歩くことにします。

粕川40_菜の花

桜の花はまだまだですけど

キャンプ場に植えられている薄墨桜です。つぼみが大きくなってきていますね。岐阜県の桜の開花予想は今月末くらいですので、もう少しですね。

今年も桜が咲いたらこのキャンプ場も、きっとお花見の人出で満員になることでしょう。

粕川40_桜の木

キャンプ場の裏手の道をしばらく登ると、見晴らしの良いところがあります。

ここから見えるパパーマンのサイトは下の写真の矢印のところですが、テントが小さく見えますね。

粕川40_高台から

なぜのぼってきたかというと花が見えたからですよ。それが下の写真です。これは梅の木の花です。

粕川40_梅の花

ちいさな可愛らしい白い花が満開でした。

粕川40_梅の花2

スポンサーリンク

こんなところにコイの池を発見

再び坂道を下って粕川オートキャンプ場の駐車場に戻ってきました。ふと、そこに池があることに気がつきました。

もう何十回も、このキャンプ場に通っているのに、今までこの池の存在に気がつきませんでしたね。(笑)池には大きなコイが泳いでしました。

粕川40_コイ

テントサイトに戻ってきました。

サイトの後ろには桜の木がありますが、この桜の木の根元に1cmくらいの青い小さな花が咲いていました。

粕川40_ネモフェラ2

この雑草の名前を調べましたが、オオイヌノフグリという名前でした。つまり「大犬の陰嚢」って意味ですが。 うーむどこが似ているのでしょうか???(笑)

これからは花を見ることのできる機会が増えていくでしょう。

この間までキャンプ場には色のない景色が広がっていましたが、だんだんと活気づいてきたように感じます。長い冬を超えて、待ちわびていた春はもうすぐです。

というわけで、もう「冬キャンプ」と呼ぶのは終わりにしますね。

粕川40_ネモフェラ

今回は、このへんで。

続きは次回「とりのまるやきの記憶」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事