スポンサーリンク

はじめてのソロキャンプはささゆりの湯キャンプ場

皆さん、こんばんはochanです。

今回が記事の初投稿です。これからおつきあいの程、よろしくお願いします。

2015.1.10-1.11 小雪のちらつく中、1泊二日で岐阜県恵那市にある「ささゆりの湯キャンプ場」にソロキャンプに行ってきました。このささゆりの湯キャンプ場には初めて泊まるのですが、協力金1000円でキャンプが出来る大変有難いキャンプ場です。(協力金はこの当時の価格です。2019年現在は2,000円になっています。)

温泉や売店、食堂が目の前にあって、テントを張ってしまえば欲しいものは一通り揃っているので落ち着いて過すことが出来そうです。

ささゆりの湯

そのせいか、お正月が明けたばかりでまだ寒い季節にも関わらずキャンパーさんは結構な居ました。でもキャンプ好きの私は同じ趣味の人がたくさん居るので、うれしいですね。

ピルツ7の初張りキャンプ

最近は冬のキャンプ場で、トンガリテントを見かける機会が多いです。

ささゆりの湯キャンプ場

そんなochanのテントも小川キャンパルのピルツ7です。今年はソロキャンプに行くぞ!と一念発起し年末にアマゾンで購入したもので、この日がピルツ7の初張りです。

小川キャンパル ピルツ7

今回は、うまく張れずに見た目がヨレヨレになっちゃいました。周りから見られている様でとっても格好悪いですね。現地で初めてテントの取り扱い説明書を読んだのですが、これがわかり辛く何回読んでも理解できませんでした。

はじめ床の生地を表裏反対に張っていて途中で気がついて反対に直したり、正6角形にペグを打つコツがわからず苦労しました。仕方ないので同じピルツ7を使っている人のHPを現地で調べて、やっと完成。ここまで40分くらいかかった気がします。

正しいピルツ7張り方はこちらです。

スポンサーリンク

テントの中にコットを入れた

ピルツ7コット

ピルツ7の中には、いつもファミリーキャンプで使っているコットを入れてみました。コットはNorth Eagle(ノースイーグル)のストロングスリムキャンプベットを使っています。ピルツ君はかなり小さいことは分かっていたのでコットが入るか心配でしたが、なんとか大丈夫でした。

この日は結局、ずっと雪まじりの小雨が続いたので、目的の焚き火も出来ず、夜は温泉に入った後、テントの中でしょうが焼きを作って食べました。

テント内ラジオ

本をたくさん持っていったのでコットの上でゴロゴロ読んだり、ラジオを聞いたりでのんびり過ごしました。写真は、1号のお気に入りSONY製ラジオです。1/11 明日も会社は休みなので連泊しようと思っていましたが、ずっと天気が悪いので昼過ぎに片付けて帰宅しました。

ピルツ7の撤収時間が想像以上に短くて感動しました。お気に入りのテントになりそうです。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事