ハリケーンランタン
オイルランタンのやさしい灯り

前回の記事「ささゆりの湯キャンプ場 金曜日にチェックインしたらキャンプ場は空いているか?」の続きです。

岐阜県恵那市串原にある「ささゆりの湯キャンプ場」でのソロキャンプ、2019年11月29日(金)の夜。

ソロキャンプの夕食。

これから煮込みハンバーグを作りたいと思います。

ソロなので一人分だけの食事を作るわけですが、料理本のレシピを調べて材料をひとつひとつ買ってしまうと、どうしても完成する量はひとり分より多めになってしまうもの。

また料理をひとり分だけ作っても、2、3人分作っても手間はあまり変わらないわけなのです。ソロキャンプの料理の効率は悪く、手間をあまりかけたくないのが本音です。

そうはいってもインスタント麺では味気ないので、どこかで折り合いを付けないといけません。

本日のおかずはハンバーグですが、ひき肉をこねるのは手間なので焼くだけのハンバーグを買ってきました。

ハンバーグを作る

スポンサーリンク

煮込みハンバーグが今夜のおかずです

そしてこの既製品のソースと一緒に煮込む作戦です。

煮込みハンバーグ

SOTOのST-330とイワタニのジュニアこんろ対応 マルチプレート CB-P-JRMでハンバーグを焼いていきます。

ハンバーグを焼く

少し焦げてしまった。(#^.^#)

焼き目

焼いて煮るだけなので楽に作ることが出来た

ハンバーグの両面を焼いたら、ソースを投入して10分くらい煮込みます。

煮込み中

ただいまの気温は2.5℃

どんどん気温が下がっていますね。

この分だと、明日の朝は氷点下になっていることでしょう。

2.5℃

スポンサーリンク

ちょうど一人分の夕食が完成

栗ご飯とハンバーグ。本日の夕ご飯の完成です

それでは、いただきまーす。

寒い夜には温かい夕食がいいですね。

いただきます

最近、食事をする時は照明を明るくしています。

使っているのはネイチャーハイク製の1300ルーメンLEDEランタン。

やっぱり明るいところで食べた方が美味しいと思うのです。

テント全面

ささゆりの湯キャンプ場でのソロキャンプの夜は更けて

そして食事が終わったら、ふたたび照明を暗くして焚き火の側でまったり。

薪グリルラージは、暖炉のように背面の板が熱を反射してくれてありがたい。

ここが一番暖かい場所です。

そろそろ薪をくべるのをやめて、この焚き火の炎が消えるのを見届けたら寝床に入ることにします。

焚き火

ST-260のドロップダウン対策

寒さに強いはずのマイクロレギュレーター内蔵ST-260ランタンも5℃をきる気温では照度が暗くなると思い、今回はキャプテンスタッグのイグニスパワーインクリーザーを装着。

これでずっと変わらない明るさを維持していました。

ST-260

焚き火は炎が消え、全て熾火になってしまいました。

それではそろそろパンダTCへ入ることにします。

最後の火

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回「ささゆりの湯キャンプ場 キャンプで冷えたご飯を温める方法とは?」の記事をどうぞ。

おやすみなさい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事