2018年9月15日(土)、16日(日)の1泊二日で 岐阜県揖斐郡揖斐川町にある粕川オートキャンプ場にソロキャンプに行ってきました。今回が今年28泊目のキャンプになります。

スポンサーリンク

今週は天気が悪いのでキャンプに行こうか迷ったのにキャンプ場は意外に満員だった

出発直前の天気予報では、揖斐川町は土曜日の夜は雨で、日曜日は曇りのち晴れ。この週末はキャンプに出かけるか出かけまいか、とても悩ましい選択でした。

日曜日には帰ってくる予定なのですが、なんとか撤収時に晴れていてくれればテントは乾きそうですし、本日、土曜日に雨に濡れずにテントが張れたらなら、それだけで今回のキャンプは成功と言えるでしょう。そんなことを考えているうちに、なんだか俄然やる気が出てきました。(笑)

さらにもう一つ欲をだし、近所のホームセンターで薪を購入してから粕川に向かいました。(;^ω^) 焚き火が出来ないかなーなんて考えながら。

今回は出発前にかなり迷ったせいで、キャンプ場に到着したのは遅くて、午後6時前になっていました。この日は曇りだったこともあって、あたりはすでにうす暗くなってきていましたね。

この日の粕川オートキャンプ場ですが、こんな悪い天気なのにサイトはほぼ満員状態でした。これは意外でした。きっと3連休初日だったせいでしょうね。パパーマンは運よくオートサイトの端っこのブースが空いていたので、そこにテントを張ることに。

今回のテントも、前回のキャンプで初めて使ったテンマクデザインのパンダTCです。

粕川55_パンダTC設営

今夜はTakibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの下で

設営完了です。

今回はパンダTCに、おなじテンマクデザイン製のタープ Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaを連結させました。このタープは人気がないようですが、パパーマンはコットンの生成りの優しい感じがするので、とても気に入っています。それだけに、いつもこのタープを張る時は泥で汚れないよう、地面にタープを触れさせずに張っているくらいですよ。

ところで、テントとrタープの連結の状態がよくわかるように、サイトの全景をはじめにお見せ出来れば良かったのですが・・・

粕川55_ジェントスエクスプローラ777

スポンサーリンク

今回のキャンプも秋雨前線強し!

・・・すでに外は雨。

設営が終わりかけた時に、雨が降ってきました。

粕川55_雨のしずく

それもけっこう降っていました。

というわけで、サイト全景をカメラで撮れないのは、雨が降っていたからなんです。(^^ゞ

粕川55_雨

本日購入した薪の束もタープ下まで運んではみたものの、この雨の中では焚き火をする気になれず。

先ほどまでキャンプ場のあちこちで上がっていた焚き火の炎も、時間の経過とともに、一つまた一つと消えていきました。

そして気がつけば人の話し声も、虫の鳴き声も消えて、雨音だけが残った静かなキャンプ場。

粕川55_薪

まぁー、天気だけはどうしようもないわけで、半分あきらめてお菓子でも食べながら雨が上がるのを気長に待つことにしました。(#^.^#)

粕川55_柿の種

今夜は軒下を貸し出し中です

明るく照らされた白いタープの下は何もしなければ虫達が集まりやすい場所なので、本日もタープから少し離れたところで、キャプテンスタッグのテラパワーガスランタンに虫を引きつけてもらっているわけですが、ときおりタープの方に訪問者がやってくることがあります。

本日も小さな訪問者がやってきました。それはムギワラトンボさん。

以前から、トンボは雨の日にどこで過ごしているのだろうと想っていたのですよね。

よく観察すると翅の先端が折れ曲がって傷んでおり、ここまで苦労されているような印象を受けました。

粕川55_ムギワラトンボ

なんだか疲れている様子なので、雨があがるまでゆっくりして貰っても構わなかったのです。だけどムギワラトンボさんはこのタープ下の居心地が悪そうでした。

とまる位置を何回か変えたあとで、結局落ちつかずにどこかに行ってしまいました。

あとで思ったのですが、これはタープ下に置いてあったパワー森林香が原因だったのかもしれませんねー。(爆)

粕川55_ムギワラトンボ2

それでは、今回はこのへんで。

この続きは次回「粕川オートキャンプ場 雨のソロキャンプの夜に想ったこと」 の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事