ギザミ

さて、今回はキュウセンベラというお魚の話です。

キュウセンベラというのは、まるで熱帯魚のように鮮やかな緑の魚です。あまりこのような鮮やかな体色の魚を本土近海で見ることは無いので、初めて見た方はきっと驚くのではないかと思います。

僕は堤防で五目釣りをするのが好きですが、そんな時このキュウセンベラがよく釣れます。このキュウセンベラ、口が小さくて俗にいう「エサ取り」なんです。つまり釣り針にはかからないけど、チョコチョコとエサだけ食べて逃げる魚というわけ。エサ取りの中ではクサフグの次くらいにたちが悪いのですが、それでも弱い当たりにあわせれば釣れる時は釣れます。

スポンサーリンク

キュウセンベラってどんな魚?

はじめに緑色のキュウセンベラの話をしましたが、この緑色のキュウセンベラは全てオスで、アオベラと呼ばれています。一方、同じ種の白っぽいベラはアカベラと呼ばれ、こちらは全てメスです。一見すると違う魚みたいですが、アオベラもアカベラも同じキュウセンベラというわけです。

このキュウセンベラ、少し変わった生態をしているのです。というのも、キュウセンベラは群れで暮らしているのですが、この群れの中に実はオスが一匹しかいません。

つまり、その他のすべての個体はメスなんですね。じゃあ、この羨ましい貴重なオスが釣りあげられてしまうと、そこで子孫が途絶えてしまうのではないかと思いませんか?

このオスですが、群れの中のメスが性転換してオスになるそうです。だからもし一匹しかいないオスが釣りあげられていなくなると、メスの中の一匹がオスに変わるというシステムになっているので群れは大丈夫なんです。

なんと、不思議な魚ですね。

キュウセンベラが釣れたら食べる?食べない?

僕の住んでいる東海地方で、このキュウセンベラを釣りあげた方を観察していると、ほぼ100%の方がリリースしているようです。キュウセンベラは触ると体にヌメリがあるし、口に牙はあるし、派手な体色からして美味しそうな魚にはとても見えませんからね。正直なところ、この魚のイメージは”気持ち悪い魚”ということではないでしょうか。

東京育ちのミッチーも、やはりベラを食べる習慣は無いようです。

ところがですね、僕の生まれ故郷の岡山ではこのキュウセンベラを普通に食べるのです。

魚の味は、見かけによりませんよ。(^。^)

スポンサーリンク

キュウセンベラは食べられる魚

岡山では、このキュウセンベラのことを「ギザミ」と呼んでいます。上の写真は岡山のとある魚屋さんで撮ったものですが、お店で売られているのはオスのアオベラだけです。オスは体がメスより大きいだけでなく、味も美味しいようですね。メスは売られているのを見かけません。

僕の小さい頃、このギザミがよく食卓にあがっていました。よくギザミを焼いて食べていたのを覚えています。これが岡山、いやもう少しだけ範囲を広げて瀬戸内海では普通の風景だと思います。

さて、久しぶりに岡山のお魚屋さんでベラを発見したので、さっそく購入して母親に昔と同じようにベラを調理してもらいました。

ochanの実家では、ベラは塩焼きにして三杯酢をかけていただきます。この三杯酢とは酢にしょうゆ、塩のほか、砂糖やみりんを適量に混ぜ合わせたものです。ベラは夏に食べるので、三杯酢のさっぱりした味がよく合います。

小骨が多いので食べにくいのですが、美味しいですね。基本は白身魚なのですが、身は口の中で溶けるような柔らかさです。僕は昔食べていた、ベラの味を思い出しました。

ベラを焼いて食べる

キュウセンベラの旬は夏

先ほどもお話しましたが、キュウセンベラの旬は7月から9月、つまり夏がキュウセンベラの美味しい季節なんです。

だから岡山では、このギザミをターゲットにして釣りをする人もいるくらい。だって写真のギザミ、2匹で720円って結構いいお値段しますよね。

でも西日本では岡山以外にもキュウセンベラを食べる地域がたくさんあるものの、東日本では全く人気がない魚みたいです。

東日本(関東地方)にお住いの方も、もしキュウセンベラのオスが釣れたら、おひとつ味わってみてはいかがでしょうか。

なんて言ってると、

「ベラんめぇー!」

って怒られそうですけど。(;^ω^)

それでは、今回のお話しはこのへんで。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事