スポンサーリンク

釣って開いて揚げて食う アジの楽しみ

さて、日曜日に豆アジが大量に釣れたので、次はこのアジを食べなきゃいけませんね。

自分で釣った魚を食べるのも、釣りの楽しみの一つですから。

というわけで、まず月曜日の晩ごはんは、みんな大好きなミッチー特製アジフライです。

アジフライは、魚が嫌いな子供でも食べられる人気の料理ですね。

パパーマンは、アジフライとかカキフライとか昔から大好物なのです。

実は釣ってきたアジでアジフライを作ったのは、はじめてです。

今回は、いつもより少し大きめのアジがまとまって釣れたので、このアジフライができたのですよ。

いつもは、ホントに小さいアジばかりなので、開きにするとほとんど身が無くなって、なかなかこうはいかないのです。

アジフライ02

もう一品、釣った小さなサバの煮つけ(写真の右下)を加えて晩ごはんとなりました。

やっぱり自分で釣ってきたものは、うまいですね。(←自己満足)

アジとは味なり、その美なるをいう

タイトルの「アジとは味なり」の部分ですが、これは江戸時代中期の朱子学者、新井白石が著書で「アジとは味なり、その美なるをいう」と書いたものです。

パパーマンも、アジは美味なおさかなだと思います。

アジはDHAも豊富なので、最近血圧が気になっているパパーマンはたくさんいただきましたよ。(笑)

これから夏が旬ですから、アジの季節ですね。

アジフライ01

こちらの記事もどうぞ。

それでは、また。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事