スポンサーリンク

アジを釣るために早起きをする

4/30(木) AM5:00起床。

鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプ、2日目の朝です。

今日の日の出時刻はAM5:05なので、ほぼ日の出と共に起きたことになります。釣りの支度をしてAM5:30にキャンプ場を出発しました。福井新港までは車で30分くらい。今年は未だアジを釣っていないので、おいしいアジを釣りたいと考えています。

はじめての釣りポイントなので車で港をウロウロしていましたが、漁港への道は進入禁止ばかりでどこで釣れるのか分かりませんでした。仕方ないので港の近くで見つけた釣具屋さん「フナヤ」でアジの情報を聞くことに。

フナヤの店員さんの話ではアジは北堤から釣れるとのことです。

1月から3月までは尺アジのシーズンだったけど、今はちょうど尺アジから豆アジへのシーズンに変わるところみたいですね。

「これは、いい情報を聞いたぞ。」

投げサビキ釣り開始

解凍アミエビを一袋買って、早速ポイントへと向かいます。いつも使っている愛用のシーバスロッドにウキをつけた投げサビキ仕掛けをつけ、海にえいやっ!と投げます。

しばらくあたりが無かったので今日は坊主かと思っていたら、突然ウキが沈みました。

グゴゴゴッ・・・・

リールを巻くと結構重い手ごたえを感じるではありませんか。

これは、尺アジなのか・・・

魚を足元から一気に堤防まで引き抜くと。

鮎川園地キャンプ場 二日目コノシロ

これは残念。

30cmくらいありましたがコノシロでした。

結局2時間くらいがんばりましたがアジは釣れず、このサイズのコノシロが5匹釣れただけでした。コノシロはリリースしました。

時々、大きなボラが掛かって重すぎて上げられず、その度に針が折れてしまいました。

長い間あたりが無くなったので仕掛けを良く見ると、はじめは6本ついていた針が5本折れて1本になっていました。これでは釣れないので、出直すことにしました。

帰りに僕よりも早くから釣りをしていたおじさんにアジは釣れないのかと聞くと、アジは7時まで釣れていたけど、その後パッタリと釣れなくなったとのことでした。

おじさんは豆アジを10匹ほど釣っていました。釣るなら、早朝か夕方ということみたいですね。

おじさんは、先週もここで釣っていて尺アジを釣ったとのこと。釣ったポイントも教えてもらいました。

「また、夕方くるとしよう。」

スポンサーリンク

朝から釣りをして寝る幸せ

鮎川園地キャンプ場に帰たったら眠くなったので、暑くなったテントの中で昼まで寝ました。

温度計を見るとテントの中は45℃です。

気温は夏の様ですが、湿度は高くないので不快ではありません。

それにしても、強い日差しです。

今日も天気いいですね。

鮎川園地キャンプ場 二日目天気がいい

今回調達した食料

さて昨日の話になりますが、調達した食料は下の写真が全てです。

まず、野菜とくだもの。

鮎川園地キャンプ場 二日目食料

そして玉子1パック(これは好きなので)

鮎川園地キャンプ場 二日目卵

今度こそ魚を釣りたいと

あとは、魚を釣って食べることに。

今朝は、残念ですが食料を捕獲できなかったので、昼は昨日の残りのうどんに玉子を入れて食べました。

鮎川園地キャンプ場 二日目うどん

「さて、今度こそアジを釣らなきゃ。」

夕方また入ってみよう。それまでしばらく休憩です。

また話が長くなってきたので、今回はこの辺で。

続きは次回「北陸へ 軽自動車でソロキャンプの旅 その4」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事