スポンサーリンク

最後の釣行へGO!

5/3(日) AM 5:17

鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプ、5日目の朝です。

おはようございます。

今日は釣りに出かけるので早起きです。天気予報では今日から天気は下り坂みたいですね。

昨日の夜は鮎川園地キャンプ場に結構強い風が吹いたのですが、起きてみるとタープが一部倒れたり物が飛んだりしていました。

さて、釣り竿と餌を持って目の前の岩場に向かいます。

鮎川園地キャンプ場 五日目キャンプ場

岩場で釣りをしていたら信じられないことが起きてしまった

昨日、岩場を歩いたせいで足が筋肉痛で重いです。満身創痍ですが体に鞭打って岩場の先端目指し、片手に竿を持ったまま大きな岩を一段一段上ったり降りたり。

次第にはぁはぁと息が上がります。やっと岩場の先端までたどり着きました。フゥーッと息を整えます。

先端には親子連れが既に居て、魚釣りをしていました。僕は2番手の様でした。早起きしたので釣果を期待しましたが、魚はなかなか釣れず僕は岩場をあちこち探って移動しました。

そんな中、信じれないことに突然おなかが痛くなり、トイレに駆け込みたくなりました。

「もれちゃうもれちゃうもうもっちゃう。」

こうなったら制御不能なので、とにかくキャンプ場のトイレを目指して急ぐしかありません。

右手に釣竿を握りしめたまま、岩場を登ったり降りたり。だんだんと、お腹の活動が活発になってきました。

「もれちゃうもれちゃうもうもっちゃう。」

いつの間にかスイッチが入り、僕は岩場をジャンプしながら移動していました。

後で思うと、非常に危険な行動だったと思います。

「もれちゃうもれちゃうもうもっちゃう。」

陸地は直ぐそこです。

「これが最後のジャンプだ。」

最後と思った一瞬に油断があったのかもしれません。

着地の瞬間、右足が石の上でつるりと滑り前のめりに体勢が崩れました。

その瞬間、あっと思いましたが、

もれちゃいました。

思わず竿を握っていた右手を地面についてしまいました。

「あっ、竿が折れた」

と咄嗟に感じましたが、そんな事よりまず用を済ませました。

下の写真は、先端が折れた竿です。

鮎川園地キャンプ場 五日目竿が折れた

スポンサーリンク

釣り竿が折れて旅の終わりを感じる

あとで、竿を見てとてもがっかりしました。3シーズン、いつも使い続けていた釣竿が折れてしまったのです。

上州屋オリジナルの安い竿でしたがお気に入りでした。

刀も折れたし、そろそろ僕の旅も終わりに近づいた感じがしました。下の写真は家を出て5日目のピルツ7の中の様子です。

かなり生活観が出てきましたね。

鮎川園地キャンプ場 五日目ピルツ7の様子

管理人のおばちゃんに「今日は帰ります。」と伝えました。

「そうねぇ、もうそろそろ帰ったほうがいいわねぇ。」

と管理人さん。僕も、そろそろ家族に会いたくなってきました。

鮎川園地キャンプ場 五日目ピルツ7撤収前

今日は、昨日までと違って風に当たっていると、とても涼しくて気持ちのよい気候です。

訳あってジャージのズボンの下はノーパンなので、余計にスーッと涼しいのです。

まだまだずっと遊んでいたい気持ちも残っていますが、パパーマン1号の北陸の旅はそろそろ終わりにします。

鮎川園地は、自然がいっぱいで、とても心地のよいキャンプ場でした。地元に帰ったら週末のキャンプで修行を積んで、またいつかここを訪れたいと思います。

その時には釣りを始め、いろいろチャレンジしたいことがたくさんあります。今から楽しみです。

さぁ、明日から普通のパパに戻ろう。

最後に、この日記を読んでいただいた方へ。

今回は長い日記になりましたが

お付き合い戴きありがとうございました。

それでは、また。

⇒初めの記事「北陸へ 軽自動車でソロキャンプの旅 その1」に戻る。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事