スポンサーリンク

どうやっても着火剤がむなしく燃えるだけ

前回の記事「粕川オートキャンプ場 静かに降る霧雨の夜」の続きです。

ユニフレームのネイチャーストーブで炭をおこそうとしますが、炭の塊が大きいせいでなかなか炭が出来上がりません。

下の写真では勢いよく火が上がっていますが、実はこれは着火材が燃えているだけなのです。

ここまで高く火が上がるのはネイチャーストーブの実力かもしれませんが、炭には火が移ってくれず大変です。

奥ではガスコンロで炊飯を行っているのです。この炊飯にも気を配りながら、同時に炭をみているわけで。

こうやって2つのことを同時にやっている時って、やはり失敗しやすいわけで・・・。

粕川28_ネイチャーストーブ大火

こんな風に大きな火にあっているのですが、炭がデカイでしょ。細かく割って火をつければよかったと思っても、後の祭りです。

そして、そんなふうに炭に注意を注いでいて・・・ごはんクッカーにふと目を移すと、何やら煙がモクモクと出ていました。(笑)

粕川28_ネイチャーストーブ大火2

ひえーっ、お米がコゲちゃいましたっ!これは苦い飯が出来てしまいました。こうなると、よさそうなところだけを選んで食べるしかありませんね。

粕川28_ご飯焦げた

あまりに炭に火がつかないので、今晩中には肉が焼けないと判断しました。そして結局のところ、ごはんクッカーについているフライパンに登場していただくことになりました。

それにしてもタレつきのお肉でしたが、520gを完食しました。(笑) まんぷくです。

粕川28_フライパンで焼こう

夜の珍客 クサキリ

背後に気配を感じて、振り向くとキリギリスの仲間のクサキリ?タープにのうちがわに遊びに来ていました。

粕川28_キリギリス

夕食が終わって、くつろいでいました。焚き火の準備もしていたのですが、霧雨がずっと降っていたので今夜はあきらめました。

それでも風が出てくると、タープの下は涼しくて気持ちの良い夜でした。

明日撤収するときは、晴れてほしいなぁー。

粕川28_夕食後

それでは、そろそろテントに入ります。

今回は、この辺で。

おやすみなさい。

続きは次回「粕川オートキャンプ場 森の妖怪との不思議な出会い」の記事をどうぞ。

 

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事