スポンサーリンク

焚き火を燃やし尽くせ

前回の記事「粕川オートキャンプ場(2016.6.11)焚き火ときしめんの夜」の続きです。

久しぶりに焚き火をして、すっかり満足したパパーマン。今日は、とにかくよく燃やしましたよ。

でも、そろそろ眠くなってきたので、焚き火をおしまいにしようと思い火力を落とすことに。。。

すると、ここからちょっと真剣になります。どうしてかと言えば、最後にできるだけ燃え残りの薪を少なくしたいから。明日の朝、灰の片づけを楽にしたいのです。

そこで燃え残りそうな炭を焚き火台の中央にあつめて、炎が消えない様に最後までじっくりと燃やしていきます。

粕川21_弱い火

火が消えたら、そのまま置いておきます。明日の朝、どうなっているか楽しみです。(*^-^*)

ブヨがテントの中にいた

寝ようと思い、テントに入った時に気がつきました。テントの天井にブ、ブヨがぁ~ ( ゚Д゚)

たくさんとまっているではありませんか。(泣)

今回、パパーマンの足がブヨに襲われたのは、テントで昼寝していた時かも・・・。

とうわけでパワー森林香をテントの中に入れて、テントの外で待つこと20分。

中に入ってみるとブヨはいなくなったので、きっと退治されていることでしょう。

粕川21_森林香をテントに

スポンサーリンク

上弦の月が浮かぶ夜

空には上弦の月が浮かんでいます。雲もだいぶ少なくなってきて、おおぐま座も見えてきました。おだやかな夜になりそうです。

粕川21_月

それでは、今度こそ寝ます。

おやすみなさい。

粕川21_夜のテント

今回は、この辺で。

続きは次回 「粕川オートキャンプ場(2016.6.11)キャンプの後始末」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事