スポンサーリンク

タープの乾燥を待ちながらレッドシードレスをつまむ

前回の記事「粕川オートキャンプ場 コットンタープにハラビロカマキリの訪問」の続きです。

今週末は、あっくんの運動会です。ちょうど天気の良い日になりそうです。小学生最後の運動会なのでしっかりビデオに残さないとね。

運動会を見るためにミッチーの両親が実家から出てくることになり、ミッチーが散らかっていた家の中を一気に片付け、掃除したので驚くほどすっきりしました。

こんな調子なので、ときどき両親に来てもらうといいのですが。

10月2日 13:00になりました。

天気が回復してきたので、あとはテントとタープが乾くのを待つばかり。焦っても仕方ないので、音楽を聴きながらテープ下でのんびりと過ごします。

レッドシードレスというアメリカ産の種なしブドウを最近になって初めて食べました。

このブドウは皮ごと食べられるのですが、カリッという皮の触感がとても気に入り、今回はスーパーで見つけたので買ってきました。とても甘くて、おいしいです。あとは、国産のブドウよりも安いところがいいですね。

粕川28_レッドシードレス

トノサマバッタと冬の予感

タープを見上げたところです。水滴がまだついていますね、コットンなのでしっかり乾かさないと、カビでも生えたら大変です。気長に待ちましょう。

粕川28_水滴

トノサマバッタを発見したので、追いかけまわして撮りました。まだまだ頑張って生きてるね。

粕川28_ばった

そろそろテントの方が乾いてきたので、先に撤収します。

粕川28_青い空

昨日はお肉をお腹いっぱい食べてしまったので、今回もPA-3で痛風対策をしておきます。

粕川28_PA-3

残るはタープをたたむだけです。

粕川28_残るはタープ

いよいよタープを撤収です。今回のキャンプも、そろそろ終わりです。

粕川28_乾いたかな

寒くなってきたので、次にキャンプに来るときは冬の装備が必要になりそうです。寝袋も冬用をもってこなきゃ駄目ですね。この辺で、そろそろキャンプ場をあとにします。

粕川28_枯れ葉

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!

→はじめの記事「粕川オートキャンプ場 静かに降る霧雨の夜」に戻る

 

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事