スポンサーリンク

ツグミは冬鳥

2018年2月5日(月)近所の公園で夕方に散歩をしていてツグミを見つけました。

最近は野鳥の名前を少し憶えてきたせいか、以前の様にツグミを見つけても「あっ、大きいスズメがいる!」と思うことは無くなりましたね。(笑)

ツグミはスズメと違っていつでも見られるわけではなく、越冬のために日本に飛来してくる冬鳥です。

このツグミは地面の上をずっと歩いていましたので、パパーマンはこの時、ツグミにあわせて後を追ってゆっくりと歩いていました。意外と近づいても逃げなかったので、観察しやすかったですね。

ツグミは雑食性ということなので、地面をずっと歩いていたのは、小さな昆虫とかミミズなんかを探していたのかもしれません。

公園で写真22_ツグミ01

ツグミは一見して、体が茶色いのでスズメにとても似ている鳥なのですが、よく見るとスズメより一回り体が大きくて、胸のあたりに黒いうろこ状の模様があるので見分けがつきます。

公園で写真22_ツグミ02

ツグミが地面を走る

ツグミが今度は地面を走ります。この時は、きっと全速力だと思います。

ゆっくりの時は、足を揃えてぴょんぴょんと両足で跳ねる様に移動することもありますが、速く走る時は人間の様に足を交互にクロスさせて走っていますね。

公園で写真22_ツグミ03

そして、この様に急に止まったりします。

公園で写真22_ツグミ04

走る時には、若干ですが前傾姿勢になるようです。そこは人と同じですね。

最近では恐竜は進化して鳥になったのだと言われていますが、走っている姿はまさに映画に出てくる大型肉食恐竜を想像させます。

公園で写真22_ツグミ05

スポンサーリンク

ツグミがエサを探す

人間がじっとしていると近くにやってくることもあり、けっこう可愛い鳥ではないでしょうか。

公園で写真22_ツグミ06

しきりに緑色の苔を口ばしでつまんではひっくり返していました。苔の下に何かエサでも見つけたのでしょうか?

ツグミは冬に日本に渡って来て、一体何を食べているのかと不思議に思ったりするのです。本当に興味は尽きませんね。(笑)

公園で写真22_ツグミ07

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事