寒空の下フロントヤード170TCの庭で温まる野営地ソロキャンプ
フロントヤード170TCなら暖かい

こんにちは、ochanです。

毎年12月に入ると、急にいろんな用事が湧いてきて身の回りのことがとてもあわただしくなってきます。

「今年出来ることは今年のうちにやらなくちゃ。」とか意味不明な義務感を背負うのは精神衛生上よくないわけで、こんな時は思考を一旦停止していつもの野営地に向けて出発するのみ。

土曜日の天気はなかなか良くて、ソロキャンプがとても心地よい。

野営地に来る前に購入したホームセンターの薪が少し高かったけど、そんなことも気にならないくらいの素敵なコンディションなのですよ。

それでは今回は、熱田野営具店さんのフロントヤード170TCをパンダTCにドッキングさせてプライべートな庭を作ったソロキャンプのお話です。

最後までごゆっくりとぞうぞ。

スポンサーリンク

フロントヤード170TCで作るソロキャンプの庭

2022年12月10日(土)11日(日)の1泊2日で、某所野営地でソロキャンプをしてきました。(この場所は野営の許可をもらっていますが秘密にしたいと思います。ご了承ください。)

今回のキャンプで、今年に入って46泊目のキャンプとなります。

いつものように野営地に到着したのは16時ころ。

日没に追われるように設営を急ぎます。

今回はフロントヤード170TCをパンダ7TCに取り付けたバージョンです。

フロントヤード170TCの紹介記事はこちらです。

この場合は先にキャンプ道具類をテントの中に入れてしまってからフロントヤードを取り付けるのがポイント。

というのもこの手順を前後させると、テントにキャンプ道具を搬入するたびに高さ60cmの陣幕を乗り越えないといけなくなってしまいます。

テント設営

下の写真は日没後のブルーモーメントのころ。

もうそろそろ夜のとばりが降りてきます。

TOKYO CRAFTSのサンセットハンガーにほおずきをひっかけると、まるでチョウチンアンコウのような見た目の我がサイト。

ブルーモーメント

本日のソログルキャンプの様子

本日も野営地にソロキャンパーがあつまりにぎやかでした。

まずはmairaさんの河合奈保子シアター。

白いタープに映し出された大迫力のライブ映像に、思わず「ま、まじか!」となります。

80年代のスーパーアイドル河合奈保子さんが今、とても熱いらしい(mairaさん談)です。

ところでみなさんは今上映中の映画「すずめの戸締り」は観ましたか?

映画の中で一瞬ですが、名曲の「けん〇を〇〇て」がかかりますよね。

河合奈保子シアター

KAZUさんがチキンの丸焼きを製作。

これがまたうまかった。

ごちです。

チキンをカット

今回のソロキャンプではユニフレームの焚き火ベースSOLOを使っています。

最近はこの焚火台の使用頻度が高くなっていますが、というのも調理がしやすいからです。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥12,938 (2023/02/01 03:26:40時点 Amazon調べ-詳細)

熾火に炭を入れ、炭火調理できるように火床を作っていきます。

焚き火ベース

それでは僕も炭でモモ肉を焼くぞ。

焼き鳥

ロゴスの「炭火もも焼き器」を使ってます。

料理人ハリオさんの今日のメニューは串カツでした。

キャンプで揚げ物をする機会はこれまであまりなかったのでかなり新鮮です。

串カツ

串カツはやっぱり揚げたての熱々のやつが一番おいしいですね。

これはたまりません。

串カツ一本

そんなこんなでグルキャンの夜が更けていきます。

ファイアーディスク

スポンサーリンク

プライベート感あふれるテントサイト

再び自サイトにもどり、ここからフロントヤードの内側で焚火を楽しむことにします。

フロントヤードの中から

このフロントヤード170TCの中が、焚き火で暖まるのにちょうどよい空間なのですよね。

なんといっても、冷たい風を遮ってくれるのでこの恩恵が大きい。

念のため焚き火台の奥側には金属製の高さ60cmの風防を入れて幕を保護しています。

フロントヤード170TC

今夜は雲が多いのですが、時折雲の隙間から月が顔を出します。

タープを張っていないと月を見上げながら焚火ができるがまたいいですね。

月

焚き火ベースSOLOの使い方がだんだん分かってきました。

炉床には空気を取り入れる穴が少ない(上から1/3くらいのところにあるだけ)ので熾火が溜まりやすい構造になっているようです。

一度火床に熾火が溜まってしまえば、太い薪を入れても燃えてくれます。

この焚火台にはSOLOという名前がついていますが、市販の薪がそのまま入るサイズなのがいいですね。

さて、日付も変わってそろそろ眠くなってきたので、この薪が燃え尽きたら寝床に入ることにします。

 

焚き火の夜

日曜日の野営地ソロキャンプの朝は曇り空

2022年12月11日(日)某所野営地でのソロキャンプの朝。

日の出前の時刻に起床しましたが、今朝は雲が多いようで朝日を無事見ることができるか少し不安です。

太陽が昇ってくるあたりの雲が、真っ赤に色づいてきました。

夜明け前

そして間もなくだんだんと雲が明るくなってきました。

地平線の上だけ少し雲が切れていて、一瞬ですが太陽が顔を出した後、また雲に隠れてしまいました。

それでも今朝の空はなかなか面白い感じに撮れたように思います。

夜明け前2

流石に12月なので、朝はメチャ寒いですね。

朝のサイト

朝から焚き火の火を熾すのは大変なので、ここはガスストーブで暖を取ります。

足下においてやれば、こんな小さいストーブでも十分暖かいです。

ガスストーブ

お次は朝御飯。

ホットケーキ用のフライパンでハンバーグを焼いていきます。

このタイプは焦げ付かないし、蓋ができるので便利に使えますね。

ハンバーグ製作中

まずはハンバーグが完成。

ハンバーグ

そしてこれをローソンのLチキバンズに挟みます。

バンズ

ハンバーガーいただきます。

ハンバーガー

野営地には、お昼頃までのんびりしてました。

お昼になると青空も出てきて、日も差してきたので暖かくて気持ちの良い気候になりましたよ。

それでは撤収が終わったので、そろそろ帰路につくことにします。

青空

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

今年のキャンプは天気が良ければあと2回くらいかな。

次のキャンプでは今回のフロントヤード170TCとシルス170TCを組み合わせて使ってみようかと思っています。

みなさんも寒さに負けずにキャンプしてますか?

それでは今回はこの辺で。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

created by Rinker
テンマクデザイン
¥27,984 (2023/02/01 03:32:12時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事