完ソロだった週末の雨と雷と虹と青空の野営風景
雨と虹の風景

こんにちは、ochanです。

今年は7月には北海道、8月のお盆休みに南乗鞍でソロキャンプをしていたので、なんと2か月ぶりにやってきたいつもの野営地。

この時、ホームの野営地に長い間来ていなかったということにはじめて気が付きました。

久しぶりにやってきたというものの、生憎、土曜日の天気は雷雨。

まぁ、日曜日は晴れの様なので、雷雨といっても日曜日にテントの乾燥撤収ができれば問題なしです。

さすがに完ソロとなりましたが、野営地のダイナミックな風景を久しぶりに味わえたという意味で今回は印象に残るキャンプとなりました。

それでは、雷雨の野営地でソロキャンプをした話にさっそくうつりましょう。

最後までごゆっくりとどうぞ。

暑い夏のソロキャンプでパップテントを張る

2023年8月26日(土)27日(日)の1泊2日で、某所野営地でソロキャンプをしてきました。(この場所は野営の許可をもらっていますが秘密にしたいと思います。ご了承ください。)

今回で、今年に入って33泊目のキャンプとなります。

野営地には15:00頃に到着。

今日は夏らしい青空が広がり、めっちゃ暑い野営地です。

今回はGOGlamping の新作G・GPUP2.0を張ることにしました。

このバージョンから幕の後ろ側がオープンできるようになって風通しが良くなっています。

やはり日本の夏に対応するには、ここが開かないと厳しいですよね。

GGPUP2を張る

夕方から天気が崩れるようですが、東の空には大きな入道雲が発生しています。

サイトの設営を急ぎます。

東の空に雲

雨降りと虹の夕暮れ

しばらくするうちに雲が一面に広がり、空がドス黒い色に変わってきました。

弱い雨が降ったあとですぐにやみ、テントの外に出てみると東の空に虹が出ていました。

虹がすぐそこから立ち上がっているような感じですね。

雨と虹

東の空の方から広がってきた雲が。だんだんと西の空も包み込んでいきつつあります。

そろそろ本格的に雨が降りそうですね。

ここまでで、なんとか設営を終えました。

雲が広がる

もうすぐ日没。

夕焼け空

日が暮れた後、予報通り雨が降り出しました。

日没

ここからテントの中で雨をやりすごしています。

目の前に再び虹が発生しました。

雨が降っていますが、これはこれで綺麗ですね。

虹

夕立は馬の背を分ける

先ほどから雷がずっとゴロゴロ鳴ってます。

そして時々ですが結構近くにドーンという重低音とともに雷が落ちて、それはもう生きた心地がしません(笑)

下の写真はテントのなかから見た風景。

よく見ていただくとわかると思いますが、この風景の左半分は晴れ(というか曇りかな)、そして右半分は雨なのです(一番右には虹が出ています)。

正面に天気境界がはっきり見えますよね。

もしこの真ん中に馬が居たら、背中の半分だけが濡れるのでしょうかねー(笑)

雨と晴れの境目

日没後の赤い空。

これから天気が荒れる前兆でしょうか。

空が赤く染まって不気味な感じがしました。

もうすぐ夜がやってきます。

夕暮れ

本日の夕食

最近はクーラーにDODのソフトくらひこ(15L)を使用しています。

ソフトクーラーは断熱性能がハードクーラーに比べて劣りますが、1泊二日のキャンプなら保冷剤をしっかりと入れさえすれば、このソフトくらひこでも十分使い物になります。

このソフトくらひこは小容量ながら面積が広いので、スーパーで売っているお肉やサラダのパック類などを比較的詰めやすく使い勝手が良いです。

本日の食糧庫

コールマンのダブルパンクッカーでイカを焼き焼き。

イカを焼く

スパイスをたっぷり使って、ブタ串も焼いていきます。

串焼き

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,841 (2024/06/20 11:08:02時点 Amazon調べ-詳細)

ずっと雨が降っているので、GGPUP2.0の前幕を閉じたままテントの夜が更けていきます。

アイコ

夜中の12時を過ぎて日付が変わったころ、やっと雨が上がりました。

なんとか、テントは雨漏りなしでここまで過ごせています。

外に出てみると空にはまだ雲がモクモクしていました。

「あしたは晴れるといいなぁ。」と思いながら寝床につくことに。

この後、朝にかけてまた雨が降っていました。

雨上がり

日曜日は青空

日の出前に起床。

今は雲が多いのですがこれから晴れていく天気予報なので、ここからダイナミックな空の変化が見られることに期待して、このまま起きることにします。

夜明け前

お腹が減ったので肉まんをコールマンのダブルパンクッカーで焼いて食べます。

肉まん

太陽はとっくに上っているのですが、日の出の時間になってもその姿は見ることができませんでした。

しばらくすると、東の空に天使の階段が出現。

レンブラント光線

太陽が高くなるにつれ、徐々に雲が消えていき青空が広がり始めました。

このぶんだと、予想通りテントは乾きそうですね。

青空

蚊は少ない場所ですがブヨが出るので念のため、ENRICHの蚊取り線香ホルダー「モスキートハンター」でパワー森林香を焚きます。

蚊取り線香

お昼になると、すっかり夏の空が広がっていました。

GGPUP2.0は完全に乾燥しています。

テントが乾燥

そしてお昼ご飯。

スパイス

昨日の夜に食べ損ねた獅子唐を中華鍋で焼いていきます。

ししとう

今年のG・GPUP2.0は通気性ヨシ!

気温が上がってきたので、再びGGPUP2.0の後ろの幕をオープン。

幕の自由度が高くなった新型のGGPUP2.0、オプションもたくさん出ているので一年中使えそうです。

風通し

GOGlampingのG・GPUP2.0について詳しくは以下の記事をご参照ください。

撤収完了。

入道雲がもくもく。

高気圧がやってきたようです。

充電完了。

そろそろ家路に着くことにします。

撤収完了

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

久しぶりの野営地でしたが、ここは完ソロでも落ち着きます。

今回は雨が降ってくれたおかげで、野営地がいろんな表情を見せてくれとても楽しめましたよ。

また近々ここへやってくることにします。

それでは今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事