12月の野営地の夜に冷たい雨が降ったソロキャンプ
雨上がりのパンダとジムニー

こんにちは、ochanです。

今回のソロキャンプは、12月の冷たい雨の降る野営地にテントを張った週末のお話しです。

天気予報では土曜日のお昼前から雨が降り始め、この日は夜遅くまで雨が降り続けるとのこと。

こんな状況ですから、予想通り今回の野営地は完ソロとなりました。

過酷な状況の中で幸いなことは雨量がずっと1mmを少し下回るくらいの小雨であることと、撤収予定の日曜日が晴れるということ。

これなら一度テントを張ってしまえば、何とかなりそうですね。

前回のソロキャンプまでパンダTCに熱田野営具店のフロントヤード170TCを連結していましたが、今回は雨対策としてさらにシルス170TCも追加して張ることにしました。

今回は熱田野営具店の2つのオプションを使うのでこれでパンダTCの熱田野営具店スペシャルの最終形態です。

それでは12月の野営地の夜に冷たい雨が降ったソロキャンプのお話に入りましょう。

最後までごゆっくりとどうぞ。

スポンサーリンク

雨の中でテントを設営していたら夜になった

2022年12月17日(土)18日(日)の1泊2日で、某所野営地でソロキャンプをしてきました。(この場所は野営の許可をもらっていますが秘密にしたいと思います。ご了承ください。)

今回のキャンプで、今年に入って47泊目のキャンプとなります。

いつものように野営地に到着したのは16時ころ。

日没が近い時間なので急いでテントを設営したいところですがすでに雨が降っており、もはや一向にやむ気配はありません。

そこで雨が弱まったタイミングを見図りながら少しづつ設営作業を進めた結果、設営が終わって落ち着いたころにはすっかり夜になっていました。

1枚目が夜の写真なのは、僕のキャンプ日記の中ではかなりの異例ですね。

焚き火

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥1,732 (2023/02/01 08:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

シルス170TCとフロントヤード170TCを装着したパンダTCでのキャンプは屋外に居ながら周囲を守られている安心感があります。

中でにいると暖かいし、雨も防げるしでとてもいい仕事をしてくれます。

フロントヤードの内部

小雨の降る野営地。

天気予報通り、雨量は1mmもなさそうです。

それでもシルスの外に露出している部分は雨によって少しずつですが濡れていくわけで、「早く雨が上がらないかな。」と思いながら静かに降る雨の中で時間が過ぎていきました。

雨の降る夜

created by Rinker
テンマクデザイン
¥27,984 (2023/02/01 03:32:12時点 Amazon調べ-詳細)

冷たい雨の中、マクライトで暖まる夜

今夜もフロントヤードの中で焚火。

暖かさで選ぶなら、TOKYO CRAFTSのマクライトは火床の高さが低いだけあって間違いなく最有力候補です。

コンパクトなのになかなか使えるやつです。

今日は庭の木を剪定した後、半年くらい乾燥させていた木を燃やしています。

シマトネリコの木は油分が多いようで、燃え始めると勢い良く燃えてくれました。

庭の木

created by Rinker
TOKYO CRAFTS(東京クラフト)
¥12,980 (2023/01/31 12:15:22時点 Amazon調べ-詳細)

焚き火の炎とオイルランタンの明かりが、フロントヤード170TCの中を優しく照らしてくれます。

オイルランタン

created by Rinker
ヴァストランド(VASTLAND)
¥1,780 (2023/02/01 08:10:51時点 Amazon調べ-詳細)

紅茶を淹れましょう。

ジカテーブル

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥3,190 (2023/02/01 10:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

「ふぅ~、暖まりますな。」

紅茶

焚き火のそばで最近よく使っているのがこのジカテーブル。

これもTOKYO CRAFTSさんの製品ですが、このくらいの高さのテーブルがあると鍋やケトルを一時的に置いたりするのに使い勝手いいですね。

紅茶2

created by Rinker
EAGLE PRODUCTS(イーグルプロダクツ)
¥8,800 (2023/01/31 12:02:10時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

今夜はカレーうどん

うとうとしていましたが、そろそろ晩御飯にしましょう。

ランタンナイト

いつものように、ユニフレームの焚き火鍋18cmをマクライトに載せて温めるだけです。

マクライト

というわけでカレーうどんの完成です。

こんな寒い日は、鍋があたたまりますね。

カレーうどん

夜の10時ころになって、ようやく晴れてきました。

ここからしばらく、焚火を十分楽しんだ後で就寝。

雨上がり

日曜日の朝がやってきた野営地

2022年12月18日(日)某所野営地でのソロキャンプの朝。

おはようございます。

日曜日の朝は晴れ。

あと少しで日の出の時間です。

朝

やはりTC生地は昨日の雨ですっかり濡れていました。

今日はこの生地が乾くまで帰れませんね。

濡れたテント

太陽が昇ってくると、気温が次第に上がってきました。

朝日

この日の朝はあまりに寒かったのでカセットコンロが点火せず。

こんな時でもノーマルガスで大丈夫なのが屋外用のカセットガスストーブ。

ストーブで昨夜の鍋を温めなおしてます。

鍋をあたため

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,180 (2023/01/31 14:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

それではカレーうどんをいただきます。

カレーうどんのこり

日差しのおかげで、テントもすっかり乾きました。

雨キャンプの作戦成功という感じがして、とても気持ちの良い日曜日となりました。

撤収を始めましょう。

撤収開始

お昼になってしまいましたが撤収完了です。

今回のソロキャンプから新しく座布団を導入。

ホームセンターで購入した安いものですが、この座布団があるのと無いのとではお尻の温かさが大違いです。

血管が集まっている肛門を温めるのは大事ですからね。

それではそろそろ家路に着くことにします。

チェアリング

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

12月に降る雨の中のソロキャンプということでしたが、体温を奪われないようにできるだけ服が雨に濡れないようにしたので、難なく過ごすことができました。

後は焚き火に当たっていると、なんだかんだで暖かいですね。

さて来週末はクリスマス。

どんなキャンプになるか楽しみです。

それでは今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥28,600 (2023/01/31 12:15:22時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事