GOGlamping RAKUEN PLUS ワンタッチテントの初張りソロキャンプ
野営地の夕陽とワンタッチテント

こんにちは、ochanです。

今回はいつもの野営地でGOGlampingの3-4人用ワンタッチテントを初張りしたソロキャンプのお話です。

これから夏にかけては風通しが良くて、簡単に設営できるテントが活躍する季節。

天候にもよりますが、冬キャンプに求められるような北風にも耐える頑丈なテントが必ずしも必要ではなくなります。

昨シーズンは風通しの良いポップアップメッシュシェルターをよく使ったのですが、今年はワンタッチテントを使ってみようと思い、少し前のソロキャンプから2人用のワンタッチテントで泊まっていました。

そして今回はもう一回り大きい3-4人用のワンタッチテント「楽園プラス(RAKUEN PLUS)」の初張り。

3-4人用の広さなら、テント内にコット以外にもキャンプ道具一式を入れてしまうことも出来るので、防犯的な要素も生まれます。

というわけで、今回はGOGlamping RAKUEN PLUS ワンタッチテントの初張りソロキャンプのお話をします。

最後までごゆっくりとどうぞ。

スポンサーリンク

ワンタッチテントの設営

2022年4月9日(土)、10日(日)の1泊2日で、某所野営地でソロキャンプをしてきました。(この場所は野営の許可をもらっていますが秘密にしたいと思います。ご了承ください。)

今回のキャンプで今年通算12泊目のキャンプとなります。

野営地には16時半ころに到着。

この日はジムニーのタイヤ交換などしていて、少し遅く野営地に到着しました。

こんな時、やっぱりワンタッチテントは設営が早く終わるので有難いですね。

この楽園プラスはファミリーでも使えるサイズのテントながら、組み立てはフレームを広げて天頂部のレバーを下げるだけで完了。

あとはペグダウンをするだけなので、とても簡単に設営が出来ました。

ワンタッチテント

日が暮れてしまう前に、サイトが完成しました。

今日の野営地には顔なじみのメンバーがたくさん集まっていました。

設営完了

created by Rinker
GOGlamping
¥12,980 (2022/05/27 21:45:44時点 Amazon調べ-詳細)

太陽が沈んだ頃、マクライトで焚き火を開始。

今日の日中は気温が高かくて暑かったのですが、この時間帯になれば気温も下がり焚き火の温かさが気持ちよく感じられます。

消し炭を使って着火したので、はじめからマクライトの火床に大量の熾火ができ、火がとても安定しています。

マクライト

TOKYO CRAFTSのマクライトについてはこちらの記事で詳しくレビューしていますので、ご参考にどうぞ。

今夜はソログルキャンプで

今日は料理人のハリオさんが腕をふるってくれたおかげで、ソログルっぽい感じのキャンプとなりました。

調理の工程をずっと見ていると、勉強になります。

からあげ

これは唐揚げ。

からあげ完成

焼き物に使っているは大型のホットサンドメーカー。

これで餃子とお好み焼きが次々と焼きあがります。

グリルパン

焚き火台の上にゴトクとして耐熱テーブルを設置。

黒い耐熱テーブルは僕も使っていますが、メーカーの説明では直火の上にテーブルをかけても大丈夫らしいのです。

でも、実際にこういった使い方をするのはこのとき初めて見ました。

これ以上ない安定感のあるゴトクですね(#^.^#)

ゴトク

お好み焼きの仕上げは、あかはさんのマヨビーム!

マヨビーム

お好み焼きの完成です。

みんなで分けていただきました。

お好み焼き

この日の焚き火の主燃料は、野営地で拾った流木です。

流木はそのままでは長すぎて焚き火台で使うのに不便なのですが、この日は土の塊さんの小型電動チェーンソーを使って細かくカットしてたものを投入しています。

落ちている木を焚き火台で使うなら、電動のチェンソーは使い勝手が良くて便利ですね。

使えば薪代が節約できるので、元はとれそうな感じはするのですが。

流木

実は僕も小型の充電式チェンソーが欲しくて、ずっとアマゾンのカートに入ったままになっています。(#^.^#)

夜遅くまで焚き火を囲って歓談をしていました。

解散したのは24時くらいだったかな。

青い炎

スポンサーリンク

ソロキャンプの焚き火のお時間です

それからさらに26時まで、自分のサイトに戻ってずっと焚き火をして起きていました。

グループで話をするのもいいけど、黙々と一人で焚き火をしている時間も好きです。

風も無くて、静かなソロキャンプの夜。

最期は眠くなったので、テントに入りました。

深夜の焚き火

春はあけぼの 野営地の日の出の風景

2022年4月10日(日)、所野営地でのソロキャンプの朝。

日曜日は5時に起床。

ほとんど寝ていないのですが、久しぶりに日の出を見るために早起きをしました。

もうすぐ太陽が昇る東の空が、少しずつ赤く焼けてきました。

春はあけぼの

下の写真は太陽が少し顔を出したところ。

しばらく見ないあいだに、太陽が昇る位置が北の方へ動いていました。

日の出

良い景色ですなー。

それではそろそろテントの中に戻って、二度寝をします(#^.^#)

朝日

寝床に入ったには入ったものの、太陽が昇るとテントの中が暑くなってくるわけで、7時過ぎには暑くてたまらず再びテントの外に。

今度は完全に起きました(;^ω^)

春はどこへ行った?

太陽が高く上ると、お昼前には気温が26℃まで上がりました。

これはもう夏ですよ。

この日はタープを張っていなかったので、ジムニーの影に入って涼みました。

日影に入ればかなり快適です。

ソロストーブキャンプファイヤーでペレットを燃やしてお湯を沸かします。

ソロストーブ

created by Rinker
solo stove ソロストーブ
¥13,200 (2022/05/28 07:28:36時点 Amazon調べ-詳細)

朝ごはんは、カレーヌードル。

暑くて食欲が無いので、これくらいで十分です。

カレーヌードル

野営地に泊まっていたキャンパーさんはみんな帰って、残るは自分一人になりました。

少し動くと汗びっしょりになるので、ゆっくりと撤収作業を進めやっと完了。

それにしても、今度泊まるときはタープを張ったほうが良さそうです。

充電完了!

ジムニーに荷物を全部積み込んだので、そろそろ帰路につきます。

撤収完了

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

このキャンプではGOGlampingの"RAKUEN PLUS"というワンタッチテントを初めて使用したのですが、最後に暑い中で撤収した時はとても作業が楽だったのでホント助かりました。

これは日曜日の朝に最速で撤収するのにとても都合のいいテントです。

そろそろゴールデンウィークのキャンプの予定が気になる頃。

僕は後半は予定が決まっているのですが、前半はどうしようかと思っているところです。

みなさんは、予定がもう決まりましたか?

それでは今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

この野営地キャンプ日記の一覧へ

 

created by Rinker
GOGlamping
¥12,980 (2022/05/27 21:45:44時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事