前回の記事「サーカスTC初張りキャンプへGO!」の続きです。

三重県志摩市志摩町にある志摩オートキャンプ場 2017年12月29日(金)の夜になりました。

スポンサーリンク

サーカスTC設営の仕上げは飾りつけ

志摩オートキャンプ場は海のすぐ近くにあるキャンプ場です。そのせいか、ここは冬でも比較的暖かいキャンプ場だと思います。風も静まり穏やかな夜になりました。

前回の記事でテンマクデザインのサーカスTCを張るところまで書きましたが、テントの完成後にいつもの通り飾りつけをしています。使用しているのは雑貨屋さんで買ったタルチョとコールマンのトリップレスライト。ファミリーキャンプはやはり雰囲気も大事ですから。

志摩01_夜のサーカスTC

コールマンのトリップレスライトはまだ3つだけ

手持ちのトリップレスライトは3個しかないので、今日はとりあえず張り綱5本中、3本だけにつけています。本来はつまずき防止のためのライトなのですが、ミッチーはテントの飾りにもなるので全個所につけたいと言っていました。コールマンのトリップレスライトは2本1セットで売られているので、あと1セット購入すれば張り綱全部に取り付けられますね。

志摩01_夜のトリップレスライト

テント内の照明です。今回は電源サイトだったので、迷わず工事用のクリップ付き電球照明をLEDに交換したものを使用しました。照明についているクリップはポールに固定するのにとても便利です。電球を2個取り付けただけでテント内は十分な明るさです。

志摩01_leD電球

テント内の暖房にはアルパカ君を使いました。このくらいのサイズのテントならアルパカ一台で十分ですね。

志摩01_アルパカ

スポンサーリンク

宴会前のテント内の様子です

そろそろ夕食の時間ですが、夕食で使う道具の主役はイワタニの”やきまる”君です。やきまるを使うと煙があまり出ずに焼けるので、こういったテント内にこもる冬のキャンプではとても便利なんです。

志摩01_やきまる

まずは玉ねぎから、ゆっくりと焼いていきます。

志摩01_たまねぎ焼く

テントの設営が完了したら、さっそく読書をはじめるあっくんです。ここのところずっとライトノベルを読んでいます。

志摩01_読書

ミッチーは落ち着いたら大好きなビールを飲んで、プハーッとしてます。

志摩01_プハーッ

ハリオのご飯釜で、ご飯も炊けてきたようです。そろそろ夕食モードになってきました。

志摩01_ごはん炊けた

今回はこのへんで。

続きは次回「志摩オートキャンプ場 家族の年末焼き肉パーティー」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事