前回の記事「志摩オートキャンプ場 焚き火と星を楽しむ夜」の続きです。

三重県志摩市志摩町にある志摩オートキャンプ場 2018年2月12日(月)の朝。

スポンサーリンク

今回はオイスターキャンプをしたかったので出発!

本日、月曜日の志摩オートキャンプ場の朝は、チェックアウトがなんと16:00まで延長されているのですよ。なので、心に余裕があります。

というわけで。。。それじゃまぁ、パパーマンは朝飯前にひと仕事します!

昨夜は牡蠣の数が少なかったので、今朝こそはオイスターパーティーで盛り上がりたかったのですよ。(#^.^#)

オイスターの買い出しへGO!!

志摩02_月曜の朝

新鮮な魚がたくさん!丸義商店にやってきました

志摩オートキャンプ場から車で30分。やってきたのは志摩市阿児町鵜方にある丸義商店というお魚屋さんです。昨日は道を間違えて、キャンプ場に来る前にここに立ち寄れなかったのですよね。

ここのお魚屋さんは、地元でとれた新鮮な魚を安く売っているので有名なお店です。 朝は8:00からやってます。

高級魚を安く売る店 有限会社丸義商店-会社案内

丸義商店は三重県の伊勢志摩地方で、高級鮮魚・魚介類・干物・珍味などをお値打ちに販売する魚屋さんです。ネット通販も取り扱っており、新鮮で美味しい伊勢志摩の海の幸を産地直送にてお届けいたしております。


朝から殻付きの牡蠣を購入するためにやってきましたよ。お店が開いててよかった。

志摩02_丸義鮮魚店

下の写真の様に、本当にお魚が安いのです。値札を見ていたらテンションが上がり、思わず買いたくなりますがここは我慢です。(笑)

志摩02_おさかな

スポンサーリンク

牡蠣とヒオウギ貝をゲットです。

お目当ての殻付きの牡蠣を発見しました。「桃とリ牡蠣」という鳥羽桃取産のブランド牡蠣ですね。焼き牡蠣にするのですが、生食もできるようです。3人分なので20個ほど買いました。

志摩02_セルカキ

「バタ」って書かれた、赤とか紫や緑という色とりどりのキレイな貝を見つけました。ホタテみたいな形をしていますが、ホタテに比べて少し小ぶりな2枚貝です。

この貝は「ヒオウギ貝」が正式名称みたいです。他にも五色貝とか虹色貝、バタ貝とか呼ばれています。真珠養殖の副産物として養殖されているもので、伊勢志摩地方の名産なのです。地元以外ではあまり流通していない貝なので、見つけたら食べてみたいと思っていました。

牡蠣に追加して、こちらも1カゴ購入しましたよ。(;^ω^) これだけあれば十分なはずです。

志摩02_バタ

キャンプ場に帰ってくると、あっくんが炭を熾していました。ナイスです。

志摩02_炭

やっと始まったオイスターパーティー!

さぁ、オイスターパーティーのはじまりです。それでは牡蠣を次々と焼きますよ。

志摩02_朝の牡蠣

うーん、牡蠣は海の味。しょっぱいですねー。(笑)

志摩02_朝の牡蠣2

もう牡蠣だけで、お腹いっぱになってきましたよ。幸せです。

志摩02_朝の牡蠣3

伊勢志摩に来たらヒオウギ貝はオススメですよ

それでは、ヒオウギ貝を焼き焼きします。どんな味がするのでしょうか?

志摩02_五色貝

「ヒオウギ貝、ウメェーッ!」

ホタテ貝のような味を想像して口に入れたのですが、こちらの方がずっとうまいです。(^○^)

なんというか、味がもっと濃厚ですね。甘味を感じます。ミッチーもこのヒオウギ貝には大満足の様でした。

志摩02_五色貝2

お昼になってテントを撤収しました。今日はいい天気ですね。

ちょっとだけ、寄り道をして帰ることにします。

志摩02_撤収

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回をどうぞ。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事