前回の記事「冬でも暖かい志摩オートキャンプ場の朝のこと」の続きです。

三重県志摩市志摩町にある志摩オートキャンプ場 2017年12月30日(土)のまだ朝。

朝ごはんを食べたので、そろそろ出発の準備です。

その前に志摩オートキャンプ場に来たのは今回が初めてでしたので、キャンプ場の紹介をしておきたいと思います。

スポンサーリンク

志摩オートキャンプ場は気持ちの良いキャンプ場でした

志摩オートキャンプ場は芝生がきれいな高規格キャンプ場です。設備の全てに手入れが行き届いていてで、おかげで気持ちよく利用できましたよ。

場内ではキャンプ場のWifiが無料で利用できます。ちゃんとテントの中にいても電波が届いたので、これはいいサービスだと思いました。今回は電源サイトを利用したこともあり、Wifiが使えることでスマホで調べものをしたり動画を見たりできたのでとても便利に使わせていただきました。

志摩01_そろそろ撤収

志摩オートキャンプ場の位置

志摩オートキャンプ場ですが、パパーマン家が何回か利用している伊勢志摩エバーグレイズや志摩スペイン村よりも更に半島の先の方にあって車で走っていると結構遠く感じました。その分だけ静かな場所なので、落ち着いたキャンプが出来ると思います。

スポンサーリンク

志摩オートキャンプ場の施設と設備

下の写真は管理棟です。管理人さんは丁寧な方で、ミッチーの評判も良かったです。管理棟のキャンプ用品売り場も充実していて、もし忘れ物があっても安心ですね。

志摩01_管理棟

今回は購入しませんでしたが、薪も売られていますので現地調達が可能です。

志摩01_薪400円

左側にあるのが炊事場です。炊事場が建屋内にもあるので、風の吹く寒い冬には特にありがたいですね。

志摩01_炊事場

炊事場にはお湯が出る水道がありました。よくコインを入れたらお湯が出てくるようになっているキャンプ場がありますが、ここでは無料でお湯を使うことが出来ますので、冬の洗い物なんか快適ですね。

志摩01_湯が出る水道

キャン状の出入り口にはゲートがついていました。これも高規格キャンプ場の条件の一つです。防犯面ではとても重要な装備ですね。

では、そろそろ志摩オートキャンプ場を後にすることにします。

キャンプ場の詳しい情報は、志摩オートキャンプ場のHP をご覧ください。

志摩01_ゲート

志摩キャンプ場から海までは歩いて行けますよ

志摩オートキャンプ場は海のすぐ近くにあります。帰り道にあづり浜に寄ってみました。ここはキャンプ場からも歩いて来ることが出来る距離にある海岸で駐車場とトイレがありました。きれいな浜なので夏はキャンプ場に泊まって、ここで海水浴が出来そうですね。

志摩01_海

今回もキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

今回のキャンプでは、なんとお世話になっているブログ GOING MY OUTDOOR!の、ちびままさんの大きなテントを見つけました。ちびままさんとは結局お話が出来なかったのですが、志摩キャンプ場はちびままさんもお気に入りのキャンプ場だそうです。

あー、伊勢方面に、また美味しい牡蠣を食べに行きたいですね。キャンプで焼き牡蠣を作って食べるのが我が家の恒例行事なのです。

それでは、今回はこのへんで。

明日もキャンプに行きたいっ!

→初めの記事「サーカスTC初張りキャンプへGO!」の記事にもどる。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事