スポンサーリンク

林間キャンプ場の朝に感激、だけど・・・

前回の記事「長者の里キャンプ場(2016.7.16)タープの張れないサイトにかぎり雨が降る」の続きです。

7月17日 日曜日の朝のお話です。

テントの外が少し明るくなり、目が覚めました。

コットの上でそのまま横になって耳をすませば、さっきまで静かだった空間に小鳥達のさえずる声が聴こえてきます。

林間のキャンプ場ながらの朝ですね。なんだか、贅沢な目覚め。

このキャンプ場に泊まって良かったと感じた瞬間です。

パパーマンは、まだテントの中にいます。

しばらくすると小鳥の声のボリュームが最高潮に達し、今度は、セミの鳴き声が重なってきました。

このセミの鳴く声を聴くと、夏って感じですね。

ところが、そこからテントにポツリと雨粒が落ちると、その途端にぎやかだった小鳥や虫は鳴きやみ、つぎにポツポツという雨音が連続して聞こえてきました。

あーぁ、こんなに朝早くから雨なの~。(泣)

長者の里01_あじさい

雨のふるキャンプ場でチャックアウトを気にする朝

テントの中で、雨がやまないかと悶々としながら時間が過ぎていきます。

このキャンプ場は、当たり前ですが管理されているので、チェックアウトの10時は守らないといけません。

「チェックアウト前には雨がやんでくれないかな。。。」

長者の里01_雨の朝

お腹が空いたので、テントの中で食パンにハムを挟んで簡単に朝食をとりました。

天気が良ければ、ホットサンドをしてみたかったのに残念です。

長者の里01_食パン

結局ですね。

雨の中の撤収となりました。

パパーマン、この日は雨具を忘れ、ずぶ濡れで荷物を運びましたよ。

それにしても、ハードな日曜日の朝になりました。(泣)

長者の里キャンプ場には今回初めて泊まりましたが、これから暑くなる季節には木かげが多くて心地よいキャンプ場になる予感がします。

今度は、晴れた日にまた来てみたいですね。

長者の里01_雨のテント前

スポンサーリンク

粕川オートキャンプ場に寄ってみた

またか、という感じですが(笑)

気になったので、帰り道に粕川オートキャンプ場に立ち寄ってみました。

ここも朝方に雨が降った様で、地面が濡れていましたね。

でもチェックアウト時間が無いこのキャンプ場には、相変わらずたくさんのテントがまだ残っていました。

長者の里01_粕川いつもの山

さて、今回のキャンプ日記はこれで終わりです。

長寿の里キャンプ場は、はじめて利用したので次回はこのキャンプ場の紹介をしたいと思います。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事