スポンサーリンク

FMワイド放送は雑音が少なくて聞きやすく便利です

前回の記事「扇風機とガスストーブがどちらも必要だった夜のこと」の続きです。

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある長者の里キャンプ場 2017年10月7日(土)の夜です。

夕食も終わり、幕内でまったりと時間が過ぎていきます。

ここ長者の里キャンプ場は電波が届きにくいようで、スマホでブログを見ようとしても、ネット回線が遅くて今一つ楽しくないのです。

とくにやることもないパパーマンは、こんな時のためにキャンプではいつもラジオを持っています。中華製なのですが、感度は良いラジオです。

アンテナを伸ばしラジオをチューニングすると、FM放送のちょうど92.9MHzが入ったので聴いていました。聞いていると、なんだか聞き覚えのある番組でしたが、後で調べるとやはり92.9MHzは東海地区の住人にはお馴染みの東海ラジオ(AM 1332kHz)でした。

ワイドFMの周波数は、普段なじみがあまりないので、すぐにはチューニングした放送局がどこかわかりませんが、さすがにFMだけあってきれいに聴こえるのでとても助かっています。

ラジオですが、今夜は近くに他の方がテントを張られていることもあって、イヤホンで聞いていました。これから寒くなってキャンプ場に人がいなくなってくると、スピーカーから音を出しても他の方に迷惑が掛かることもないのですが、それまではイヤホンが必需品ですね。

長者の里03_ラジオ

ガスランタンの灯りが消えていく

プリムスのP-573の灯りが、どんどん小さくなってきて、風前の灯です。ドロップダウンかなと思いましたが、翌日調べるとCB缶が空になっていましたね。今日の様な気温なら、まだまだガスランタンは頑張れるようです。

長者の里03_ガスランタンが消える

テーブルに置いていたプリムス君の方も、ガスが無くなって自然に消えてしまいました。あとは、ほおずきだけが頑張っているわけですが、サイトがずいぶん暗くなってしまいました。

長者の里03_暗くなってきた

暗くなってきたので前室を閉じて、眠くなるまであれlこれやっていました。

長者の里03_幕を閉じる

スポンサーリンク

キャンプ用ベットの完成です

これが、今日の寝床です。今回は自宅のベッドから、こっそり布団を持ってくることに成功したのですよ。これでやっと寝袋を使わずに寝ることが出来そうです。エアーベット+布団の組み合わせで、どれくらい寝心地が向上するか試してみますね。

こんなふうに自分の好みの寝床を作るのも、また楽しいものです。寝心地がずっとUPすると思うんだけどね。

長者の里03_今日は布団で

今日のお月さま

テントの外に出ると、今夜はいいお月さまが出ているのに気づきました。

長者の里03_月ですね

今夜の月は月齢16.9、満月の翌日なのでほぼ真ん丸です。

それでは、そろそろ寝るとします。

おやすみなさい。

長者の里03_月拡大

今回はこのへんで。

続きは次回「長者の里キャンプ場 静かな森の朝に目覚める」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事