野営地から日本海へ遠征したソログルキャンプ
野営地メンバー3人で遠征してきた鮎川園地キャンプ場

こんにちは、ochanです。

今回は秘密の野営地メンバーで福井県にある鮎川園地キャンプ場に1泊二日の遠征キャンプをしたときのお話です。

鮎川園地キャンプ場は海辺にあるキャンプ場で、毎年必ず訪れてるお気に入りのキャンプ場。

今年のGWにも、ここで3泊しています。

初日の土曜日は強風が吹いたり、2日目は昼から雨予報だったので天候の変化を気にしながらのソロキャンプとなりましたが、やっぱり海っていいですね。

ふだんは聞けない波の音を聞いているだけで癒されますよ。

というわけで今回はツイッターつながりのmairaさん、よーてるさんと3人によるソログルキャンプ i n 鮎川園地キャンプ場。

それでは最後までごゆっくりとぞうぞ。

スポンサーリンク

風の強い土曜日の朝

2021年10月1日(土)、10月2日(日)の1泊二日で福井県福井市鮎川町にある鮎川園地キャンプ場でソロキャンプをしてきました。

今回のソロキャンプで、今年に入ってちょうど41泊目のキャンプとなります。

鮎川園地には土曜日の朝9:00に待ち合わせたのですが、途中渋滞にはまって僕の到着は10:00となりました。

到着した時にはよーてるさんはすでにテントを張り終え、mairaさんはちょうどタープを張っているところでした。

到着してすぐに、よーてるさんにピザをいただきました。

お腹がすいていたこともあり、とても美味しくいただきました。

ピザ

今回のキャンプでは雨と風に強いDODのショウネンテント(ポリエステル)を設営しました。

僕の中では、困ったときに頼りになるのがこのショウネンテントです。

設営時には風速5m/s前後の結構強い風が吹いていましたが、ショウネンテントはワンポールテント。

ペグダウン後にポールを1本立ち上げれば設営ができるので、こんな強風の時にはとても重宝します。

ショウネンテント設営

今回使用しているショウネンテントの紹介記事はこちらです。

海に沈む夕日は見れたか

ソログルなので、3人で話をしているとあっという間に時間がたってしまいますね。

ここ鮎川園地キャンプ場の最大の見どころは、日本海に沈む夕日。

太陽が西の空に降りてくるころになると、「今日は夕日がきれいに見れるかなあ?」とだんだん気になってきます。

もうすぐ夕暮れ

今日はTokyo Craftsのマクライトで焚火を始めました。

焚火開始

風もあって少し肌寒いので、焚火の温もりがとても気持ちいですね。

マクライト

Tokyo Craftsのマクライトの紹介記事はこちらです。

ここにいるすべてのキャンパーが水平線に注目する時間帯。

夕日を待つ心地よい時間が過ぎていきます。

焚き火の夕方

今日は強風のため、磯にはドドーンという感じで大きな波が打ち寄せています。

3連休の初日ということもあり、日暮れ前にはキャンプ場もほぼ満員状態になりました。

岩礁

夕焼けを待ちましたが、今日は水平線に広がる厚い雲に阻まれて結局見ることができませんでした。

ちょっと残念ですな。

天使のハシゴ

スポンサーリンク

焚き火で温まる

太陽が沈むと気温が一気に下がってきました。

焚き火台にリフレクターを設置して、暖房効果を上げます。

焚き火で暖をとる

僕が使っているキャプテンスタッグのステンレス製リフレクターはこちら。

ショウネンテントと焚き火

ソログルの夜の食卓

今夜の夕食です。

よーてるさんの作った温かいミネストローネスープ。

寒い時にはスープが一番。

ミネストローネ

同じく四日市名物のトンテキ。

これもいいお味で、食べ応えもありました。

ごちそうさまです。

なるほどトンテキはキャンプ飯にいいですね。

僕も今度作ってみようかな。

トンテキ

僕はいつものように、キャンプ羽釜で炊き込みご飯を作っています。

炊き込みごはん製作中

サツマイモ御飯の完成です。

芋ごはん

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2022/12/07 09:32:11時点 Amazon調べ-詳細)

夜はキャンプ談義で楽しむ

夕食の後は、いつものようにキャンプ話に花が咲きます。

ほんと、キャンプの話は全然尽きません(笑)

夜のショウネンテント

mairaさんの星座模様の焚き火台を囲って夜遅くまで3人起きてました。

これがまたよく燃えるのです。

焚き火台

日曜日の朝

2021年10月2日(日)福井県福井市鮎川町にある鮎川園地キャンプ場でのソロキャンプの朝。

日曜日はどんよりした曇り空。

管理人さんに聞くと、15時ころから雨が降り出すそうです。

朝のテントサイト

朝御飯は炊き込みご飯の残りと、市内のスーパーで196円で買ってきた鯖。

いや、これは最高の朝御飯。

焼きサバ

鯖を焼くのに使用しているキャプテンスタッグの合わせ焼き網の紹介はこちら。

よーてるさんとmairaさんは午前中に帰っていきましたが、僕はそのあとも少しのんびりチェアリング。

そして午後になって、高鷲荘で一風呂浴びてから帰路につきました。

お風呂から出る時には土砂降りの雨。

最後は雨の中をずっと家までドライブしました。

次に鮎川園地キャンプ場に泊まるのは、また来年ですね。

チェアリング

今回もこのキャンプ日記を最後までお読みいただきありがとうございました。

この鮎川園地は例年だと10月いっぱいまで営業していますが、もし行かれる方は管理人さんに電話で確認されることをお勧めします。

今年もこれから冬季休業になるキャンプ場が徐々に増えてきますね。

僕は年内にまだ行きたいところがいくつかあるのですが、さてどうなることやら。

やはりこれからの季節は紅葉を見にキャンプに行きたいですよね。

それでは、今回はこのへんで。

またどこかのキャンプ地でお会いしましょう。

created by Rinker
TOKYO CRAFTS(東京クラフト)
¥12,980 (2022/12/07 09:48:08時点 Amazon調べ-詳細)
「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

この記事が気に入ったらTwitterでフォローしよう!

おすすめの記事