スポンサーリンク

カワセミの♂と♀の関係はどうなっている?

2017年11月19日(日) 日曜日の朝、昨日から2日続けて近所の公園にカワセミを観察に行きました。

↓前日の土曜日にはメスのカワセミをみることができました。その時の記事はこちら。

昨日はメスのカワセミの方しか姿を見ることが出来なかったので、ついに縄張り争いでオスのカワセミ君が負けてしまい、公園に来なくなってしまったものかと心配していたのです。

でもこの日は公園に着いた時、ちょうどオスとメスの2羽が並んで柱の上にとまっていることを目にすることが出来てホッと一安心しましたよ。

手前がメス(下のクチバシが赤い)、奥側がオスのカワセミですね。

うーん、この2羽の関係はどうなっているのでしょうか?

パパーマンには、なんだか2羽は仲がよさそうに見えましたね。だって広い池の中で、こんなふうにすぐ隣の柱にとまっているのですから。少なくとも、そこに縄張り争いの緊張感はありませんでしたよ。

公園で写真13_カワセミ02

カワセミもオスの方が少しキレイかな

こうして並んでいるところを見ると、奥にとまっているオスの方が羽の色が鮮やかに感じます。とくに背中のコバルトブルーの部分がキレイですね。

さてこの後、公園をお散歩をしている方が近くを通りかかったため、2羽のカワセミは逃げて行ってしまいました。結局この場所では、魚を獲るところを見ることが出来ませんでした。

公園で写真13_カワセミ01

それでは、今回はこのへんで。

次回に続きます。(^_-)-☆

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事