DODのショウネンテント  
ソロ用に購入したDODのショウネンテントです

今回は2019年末に発売開始されたDODの新作テント、「ショウネンテント」を紹介します。

こんばんは。一年にソロキャンプ用テントが一幕ずつ増えていくochanです。

2020年はこのショウネンテントでソロキャンプをしていこうかと思っています。

DODのショウネンテントのページに

身軽な装備でフットワーク軽くソロキャンプを楽しむ、少年の心を忘れないあなたに。

という宣伝文句があります。

最近ソロキャンプの道具が重装備になってきたと感じていた僕は、今年はこのテントで身軽なソロキャンプを目指したいと思いショウネンテントを思わず購入してしまったのです。(#^.^#)

このショウネンテントのいいところは1m×2mくらいの広めの前室があることです。この前室ですが、高さもあるので前室の中央ならハイスタイルのチェアに座っても頭がテントに着くことはまずありません。

またもう一ついいところがあります。同じ様に前室のあるテントとしてはユニフレームのユニツアー3をすでに持っているのですが、このテントは設営に少し時間を要することもあり一泊二日のキャンプだと設営が面倒だと感じることもよくあります。

これに対してショウネンテントは先の前室があることにプラスして、ワンポール型テントの特長である設営が簡単にできるというメリットもあわせ持っているのです。

BOYという名のショウネンテント

ショウネンテントに書かれた”BOY”の文字。おっさんがショウネンテントを使って良いものかと若干気が引けないでもありませんが、現在のところこれが僕の理想のソロテントです。

それでは僕がこのショウネンテントをソロキャンプに最適なテントだと考える理由について、説明していきたいと思います。しばらくおつき合いください。

スポンサーリンク

DODのショウネンテントってどんなテント?

DODのショウネンテントの全体像からまず見ていきましょう。

夜のショウネンテント

DODショウネンテントのスペックをチェック

ショウネンテントのサイズ感、価格帯としては、最近まで良く使っていたテンマクデザインのパンダTCに近いと感じますので下表に並べ比較してみました。

ショウネンテント パンダTC
組立サイズ (約)W220×D220×H180cm (約)W270×D270×H170cm
インナーサイズ (約)W205×D95×H160cm (約)W250×D115×H155cm
収納サイズ (約)W48×D18×H18cm (約)W49×D25×H16cm
重量 (約)3.2kg 5.44kg
使用人数 大人1名 大人1名※1
耐水圧 アウターテント:1500mm
フロア:3,000mm
アウターテント:不明
フロア:1,500mm
材質 ・アウターテント:リップストップ30Dナイロン
(シリコンコーティング、PUコーティング、UVカット加工)
・フロア:70Dナイロン(PUコーティング)
・ポール:アルミ合金
・ペグ:アルミ合金
・フライシート:ポリエステル65%、コットン35%
(表面撥水加工)

・インナー:ポリエステルメッシュ
・インナーボトム:68D ポリエステルタフタ 
・ポール:アルミ合金(Φ22mm、170cm)
付属品 アルミペグ18本、ロープ10本(テントに取付済)、キャリーバッグ ペグ×12本、張綱×4本、ポール×1本、収納ケース
価格(税込)※2 ¥33,649 ¥32,780
※1:テンマクデザインのHPに記載がありませんでしたので、実用で2名は狭いと感じる管理人の見方で1名と記載してます。
※2:ショウネンテントはこのページ記載時のAmazon調べ、パンダTCは同WILD-1オンラインストア調べによります。
ショウネンテントとパンダTC
アウターがナイロンのショウネンテントに対し、パンダTCはポリコットン素材なので、同じワンポールテントでも2つはタイプの異なるテントだと言ってもいいですね。
テントを立ちあげるまではペグの使用本数の少ないパンダTCのほうが少し楽です。ただしインナーの取り付けはショウネンテントの方が簡単なので、トータルするとあまり差は無いです。
2つのテントを比べると、ショウネンテントは軽量コンパクトだけど使用時のサイズ感では負けないように作られていることがわかります。

リップストップとは?

ショウネンテントのアウター材質にリップストップ30Dナイロンと記載があります。リップストップは、コットン、ナイロン、ポリエステルなどの生地に、格子状にナイロン繊維が縫い込むことで生地の強度を向上させる手法です。したがってショウネンテントは軽量で強い生地を採用していることになります。

 

ショウネンテントのサイズ感

組み立てサイズがW220cm×D220cmと数字的には小さいショウネンテントが、W270×D270のパンダTCにサイズ感が近い理由は2つあります。

1つは典型的なティピー型のパンダTCに対し、ショウネンテントは地面から50cmが垂直に立ち上がっているベル型テントだということ。そして2つ目はセンターポールの高さがパンダTCの170cmに対し、ショウネンテントは180cmと10cmだけ高いこということです。

また前室に関しては、ショウネンテントが圧倒的い広く感じますが、これはフロントにもポールが1本あって(厳密には2ポールテントですね)高さが確保できているからです。

ショウネンテントサイズ

上図はDODのHPより引用

ショウネンテントの雨天時の使用について

ショウネンテントの耐水圧は生地が非常に薄いわりに結構頑張っていると思います。アウターテント:1500mm、フロア:3,000mmというショウネンテントの仕様は、もっとフライ生地が厚い定番テント、コールマンのタフワイドドームのアウター/フロア耐水圧2000mmとほぼ互角です。

防水性が高い理由は防水加工としてPUコーティングに加えてシリコンコーティングが施されているためです。シリコーンコーティングはシリコンを繊維に染み込ませているため、ポリウレタンコーティングよりも防水性が向上します、

雨を弾く

上の写真はショウネンテントを使用していて初めて雨にあった時の写真です。テント生地が雨粒をよく弾いており、ナイロン生地が雨を通してしまうことはありませんでした。

ショウネンテントの耐風性

正直な話、ショウネンテントをはじめて見た時はアルミ製の細いポールが採用されていることに不安を感じました。ワンポールテントの強さの要は、なんといってもセンターポールにあります。ショウネンテントはこのポールの見た目が弱そうなばかりか、実際にテント設営後にポールを横方向に軽く押すだけで簡単にたわむので、これでは強風時にポールが座屈してしまうのではと思ったのです。

そんな中、最近になってDODのHPにショウネンテントの耐風性試験の動画がUPされました。台風時のキャンプなどは論外ですが、これならキャンプをしても良い状況下で不意に遭遇する強風程度ならば耐えられそうですね。

ショウネンテントの全周をじっくりと観察

それでは、さっそくショウネンテントを設営したところを見ていきましょう。ショウネンテントのカラーはタンとグレーの2色がありますが、僕が購入したのはタンのほうです。もっと白っぽい色かとDODのページを見ていて思っていましたが、想像より濃い色だったので良かったです。

写真を撮るのでバキバキにテントを張ってやろうと思いながら作業していましたが、やはり初めからシワが無いように張るのは難しいですね。(#^.^#)

テント正面より見たところ

前方のポールはテントの外側に立てます。ここにランタンフックを使って、ハリケーンランタンをぶら下げると良い感じです。パンダTCに比べて地面とアウターテントの間の隙間が小さいせいか、強風時も寝ていて気になるような風はほとんどテント内に入って来ませんでした。これは結構意外なポイントでしたが、冬キャンプではありがたいですね。

ショウネンテント正面

テント後面より見たところ

後ろ側にあるバックウィンドウがおしゃれですね。この窓は寝ていても気にせずに開きっぱなしにできるのでとても便利です。

ショウネンテント後面

テントサイド面より見たところ

当日は寒いのでサイドウィンドウは閉じていますが、この窓はベルテントに良くある形状です。

窓はメッシュになるので夏場は虫の侵入を防ぐことが出来ます。またベル型テントらしくひさしがテント全周にあるので、窓を開けても雨が入りにくい構造になっています。

ショウネンテントサイド

こちら側にはDODのマークが小さめですが入っています。

テント斜め後ろより見たところ

この角度から見ると一番格好いい。(#^.^#)

ショウネンテント斜め後ろ

スポンサーリンク

テント細部の特徴

ショウネンテントの細部に見られる工夫について、全てお見せします。

インナーテントの取り付けが簡単

ショウネンテントのインナーは全面メッシュです。

ショウネンテントのメッシュインナー

インナーテントはアウターテントにプラスチックのフックで留めるようになっています。このフックはとても簡単に取り付けることが出来ました。

ショウネンテントのインナー取り付け

工夫されたベンチレーション機能について

バックウィンドウ

後ろ面についているベンチレーションは開けていても雨が入らないのはもちろんですが、外からテント内をのぞかれないようにもなっています。パンダTCを使っていた時は、インナー側のアウターを開けたまま寝るのは無防備すぎて抵抗がありましたが、ショウネンテントの窓はなかなか良く考えられているポイントだと感じます。

バックウィンドウ

サイドウィンドウ

前室には左右の2個所にベンチレーションがついています。テント内側にファスナーがついていて開け閉めが出来るようになっています。

サイドウィンドウ

ベンチレーション(換気口)

トップには後ろ1か所とサイド2か所の計3か所にベンチレーションがついています。デザイン性を優先したのかもしれませんがカッコ良いですね。このベンチレーションにはよくあるマジックテープつきの突っぱり棒がついていませんでした。それでもちゃんと開くようになっています。

ベンチレーション

インナーテントにまさかの9ポケットあり

どんなテントでも、インナーテントにポケットがついているのは当たり前のですが、ショウネンテントは9つのポケットがまとめてつけられています。

これだけあると何を入れようかと一瞬考えてしまいますね。楽しいデザインです。

ショウネンテントのポケット

アウターテントを正確にペグダウン出来るガイド付き

これはテントを設営するときに、とても良いと感じたポイントです。

ショウネンテントのボトム形状は正方形なのですが、はじめの対角2本のペグダウン位置を正確に出すことが、綺麗に正方形にテントを立てるための重要なポイントになります。

ショネンテントにはこの位置決めを正確するためのガイドが対角線上に1本ついています。

下の写真の黒いテープがそれです。僕がもっている同じく正方形のボトム形状をもつテンマクデザインのパンダTCにはこのようなガイドはなくて「感」でペグの位置決めをします。パンダTCとくらべ、このガイドテープがある分だけ明らかにショウネンテントの方が設営しやすいと感じます。

アウターテントのガイドテープ

ソロキャンプでの使用に最適なポイントがたくさん

ショウネンテントは収容可能人数が大人1人なので、当然ソロキャンプで使う方がほとんどだと思います。次にこのテントをソロキャンプにおすすめしたいポイントについてお話します。

夜が来る前

コンパクトで軽いので持ち運びに優れる

下の写真は比較にサーカスTCとショウネンテントの収納ケースを並べたところです。ショウネンテントはコンパクトで軽量(わずか3.2kg)なので、バイクへの積載も楽ですね。

ショウネンテントとサーカスTC

もう一枚、キャプテンスタッグのEVAフォームマットとショウネンテントの比較です。

EVAフォームマットとショウネンテント

まるで秘密基地のような広い前室

下の写真はショウネンテントの前室にアディロンダック(ADIRONDACK)のキャンパーズチェアを入れたところです。前室の幅は約1mほどありますので、片側に90cm幅くらいのローテーブルを置き、センターに写真ようなハイチェアを置くレイアウトが成立しますね。

ちなみにこの写真のチェアの位置で座っても、テント生地に頭がつくことはありませんでした。

ショウネンテントにチェアを入れる2

ワンポールテントは設営がやはり簡単でいい

ワンポールテントの特性を持つショウネンテントはそれだけで張りやすいのですが、もう一工夫あります。

このショウネンテントは上から見ると四角形ですが、その1つの対角線にベルトが通っており最初にベルトをピンと張ったままの両端をペグダウンすることで、簡単にテントをビシッと張れるような工夫があります。これは結構いいアイデアだと思いました。

夜のショウネンテント

ショウネンテントまとめ

DODのショウネンテント、いかがでしたでしょうか。

僕はソロキャンプを続けているうちに、が簡単なテントが一番長くつきあえると思うようになってきました。

このショウネンテントは設営がとても簡単なので、その意味でもとても満足なテントなのですが、そのうえに前室が広いという長所もあわせ持っています。

この前室は天井高さもあるのでハイチェアをいれても余裕の広さ。タープなしでも地べたスタイルにならなくても良く、腰痛持ちのおじさんにも優しいテントかと思います。

今までのソロ用ワンポールテントの前室の狭さから解放された、進化したワンポールテントだと思って良い出来のテントだと思います。

ユーザーによって、この広い前室の使い道がどんどん広がってくるテントじゃないでしょうか。

夜のショウネンテントを横から

とにかく、こんな楽しいテントって探してもあまりないと思います。(#^.^#)

ショウネンテントのDODがつけたキャッチコピーは「持ち運べる秘密基地」ですが、まさにその通り。少年時代に秘密基地を作って遊んだおじさん世代にとっては、この少し狭くて楽しいテントが、きっとあの頃のワクワク感を思いださせてくれることになるでしょう。

このテントの前室の使い方を想像するだけで、大人になった少年もニヤニヤしてしまうテントだと思います。

さいごに、このショウネンテントですが、

ミニマム装備で快適なソロキャンプを目指したい方にオススメです。

今年はこのテントを使うのがとても楽しみです。

それでは、今回はこのへんで。

みなさん楽しいキャンプを!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事