ファイアーディスクで焚き火
シンプルで燃焼性の高いファイアーディスクを紹介

こんにちは、ochanです。

今回はコールマンの焚き火台の中でも人気のファイアーディスクを紹介します

最近、焚き火台に癒しを感じる管理人がソロキャンプでメインに使っているのが、このファイアーディスク。

焚き火台沼にハマりつつある管理人が選んだコールマンのファイアーディスクは、一言で表すとシンプルを極めた焚き火台です。

お皿の形をした本体は、脚の開閉をする以外に組み立ての必要がありませんし、片付ける時は本体を傾けて灰を流すように捨てるだけ。

気になる燃焼の状態ですが、ロストルが無くても空気が周りからどんどん入る構造になっているためか、とてもよく燃えてくれます。

この記事では、ファイアーディスクの特長と仕様、そして実際に使ってみた感想について詳しく説明しますので、みなさんの焚き火台選びのご参考になれば幸いです。

それでは、最後までごゆっくりとどうぞ。

着火

スポンサーリンク

ファイアーディスクの3つの主な特長

まずはじめに、コールマンのファイアーディスクの3つの特長を説明します。

ファイアーディスクの特長

シンプルなデザインの本体

円盤形状の本体に、3本脚がついているだけのきわめてシンプルなデザイン。

焚き火台につきもののロストルも、この焚き火台にはありません。

本体は一体なので燃焼中に灰などが地面にこぼれ落ちるスキマも無く、後片付けが楽です。

シンプルが故の、デザイン性の高さを感じられる焚き火台です。

シンプルなデザインのファイアーディスク

組み立ては3本脚を開くだけで完了

コールマンのHPには「3秒設営」と紹介されていますが、3本の足を1秒ずつ開けば合計3秒で設営できるので、まんざら嘘ではありません。

最近は複数のパーツをハメ合わせて完成させるタイプの、手の凝った焚き火台が多くなりました。

その点、このファイアーディスクは扱いが簡単なので、僕も含めてめんどくさがり屋の方に最適な焚き火台です。

フアイヤーディスクの脚

燃焼性が良い

円形の焚き火台なので全周から空気が入り、良く燃えるのがこの焚き火台の特長です。

また円形であることから自由な方向から薪をくべることも出来るため、使いやすい焚き火台だと言えます。

良く燃えるファイアーディスク

主な仕様とコールマンの良心

ファイアーディスクには僕の購入した標準サイズの他に、一回り小さい「ファイアーディスクソロ」が存在します。(大きいファイアーディスクプラスは販売終了となっています。)

まずは、この2種類の仕様をみてみましょう。

ファイアーディスク ファイアーディスクソロ
材質 ステンレス ステンレス
使用時サイズ 約φ45×23(h)cm 約φ30 x16 (h)cm
収納サイズ 約φ46×8.5(h)cm 約φ32X 10(h)cm
重量 約1.6kg 約 900 g
耐荷重 約30kg 約25kg
付属品 焼き網、収納ケース 焼き網、収納ケース
価格

6,980円(税込)

4,280円(税込)

標準サイズとソロ用の使い勝手

市販されている薪の長さはおよそ32cm~38cmくらいです。

ファイアーディスクなら、径が45cmあるのでそのまま放り込んでも大丈夫です。

一方、一回り小さいファイアーディスクソロの場合は薪が少しはみ出すことになります。

もちろん、はみ出した状態でも焚き火をすることは可能ですが、薪が燃えていく途中で焚き火台の外側に落ちる可能性もありますので注意を要します。

なので、ソロキャンプで使う場合でも、もし積載のスペースが許されるのであれば、サイズに余裕のあるファイアーディスクを選んだ方が使いやすいはず。

とにかく荷物をコンパクトにしたいという目的がはっきりしている方は、ファイヤーディスクソロの方を選ぶといいですね。

ファイアーディスクと薪

上の写真はファイアーディスクで焚き火をしている様子です。

薪の長さに対して、余裕のある焚き火台だということが分かると思います。

焼き網について

付属の焼き網を詳しく見てみましょう。

焼き網の面積は焚き火台に対してかなり大きいため、写真の様に開口部は小さくなります。

このため、網を使用している状態では薪を入れることが難しくなります。

というわけで、焼き網を使うのは炭を使う場合に限られますね。

ファイアーディスク

網には下の写真のような留め金具が3か所についており、この金具により焚き火台に固定されています。

ファイアーディスクの網

網を使用するときは、下の写真の様に金具を本体にはめ込んでやることで網が動かないという仕組みですね。

ファイアーディスクの網

この焼き網はサイズもあるので、下の写真の様に網を支える骨材が中央部に2本入っています。

このため、けっこうしっかりしている印象です。

ケトルや小型の鍋くらいなら、網の上に載せても大丈夫です。

ファイアーディスクの網

実際に、この網を何度かキャンプで使ってみましたが、網の面積が広いおかげで使い勝手はなかなか良いと感じました。

もしソロキャンプなら、お湯を沸かしながら鍋で汁ものを作り、同時に肉や魚を焼くことも可能です。

フランクフルト

収納ケース

収納ケースは焚き火台によくある黒い樹脂製の生地で出来ています。

ファスナーで完全に閉じることが出来るため、焚火台についた灰などが外に出てくることがほぼ無いのがありがたいです。

ファイアーディスクのケース

別売りのスパークシールド

僕がファイアーディスクを購入したときに気になったのが、別売りのスパークシールドの存在です。

これって、焚火をする時に必要なものなのでしょうか?

スパークシールドは、焚火をしている時にファイアーディスクの上にかぶせることによって、薪がはぜた時などの予測不可能な火の粉の飛散を防ぐ為に使うアイテム。

例えばファミリーキャンプで小さなお子様と一緒に焚き火を囲むときなど、このスパークシールドを使えば焚き火台から火の粉が飛んでくる可能性が低くなるので、確かに安心感はあると思います。

またソロキャンプで焚き火中にトイレに行きたくなった時なども、これを焚き火台にかぶせておけば、人がいない間に薪がはぜて燃えやすいモノに引火し、火災が発生してしまうことも防げそうです。

ただ実際のところ安い買い物ではないし、本当にこのスパークシールドが必要かどうかは使う状況しだいなので、ファイアーディスクを一度使ってみてから考えても良いのではと僕は思います。

ライバル焚き火台と価格を比較する

コールマンのファイアーグリルは、アウトドアメーカー各社が作っている代表的な焚き火台に比べて安い価格設定になっています。

初心者だけでなくベテランキャンパーまで十分に使える焚き火台にも関わらず、このお値打ちな価格がついているのはコールマンの良心といってもいいと思います。

コールマン/ファイアーディスク 6,980円(税込)
ユニフレーム/ファイアグリル 7,500円(税込)
スノーピーク/焚き火台M 13,860円(税込)
ロゴス/the ピラミッドTAKIBI L 10,670円(税込)
キャプテンスタッグ/ヘキサ ステンレス ファイアグリル 13,200円(税込)

噂のファイアーディスク(TM)ゴールド

通常のファイアーディスクは銀色なのですが、コールマンの公式オンラインショップでは販売個数限定でゴールドカラーが売られています。

お値段は高めですが、この金色の焚き火台は存在感が凄いです!

ファイアーディスクゴールド1

画像はコールマンのオンラインショップより引用

スポンサーリンク

実際に焚き火に使ってみよう!

実際にファイアーディスクを使ってみて感じたことをお話します。

ソロキャンプで焚き火

とにかく使いやすい

まず、焚き火を始める準備です。

付属のケースから焚き火台を出したら、ひっくり返して足を3本のばすだけ!

とても簡単です。

ファイアーディスクの脚をのばす

薪がよく燃える

ファイヤーディスクを初めて使った時には雨が降っていたのですが、いったん火がついたら雨にも負けずに強い火力を保ったまま燃え続けました。

ファイアーディスクはお椀のような凹曲面になっているので、自然と焚き火台と薪の間に空気の通るスキマが出来ます。

それも360°全ての方向から空気が入ってくるためだと思うのですが、薪は安定して燃えてくれました。

ファイアーディスクの空気の取入れ

夜に焚き火をしている時の様子です。

 

反射熱で暖まる

ファイアーディスクで焚火をしていると他の焚き火台よりも反射熱による暖かさを感じられる気が僕はします。

これは、

  1. 燃焼面のレベルが比較的低いこと。
  2. 本体がが凹面の形状をしていること。

の2つの効果によるものだと思うのです。

また、その気になれば簡単に炎を大きくすることも出来るため、寒い季節には暖をとりやすい、ありがたい焚き火台です。

炎が上がるファイアーディスク

焚き火で調理をするには

ファイアーディスクで炭を使って調理をするには、先に説明した付属の焼き網を使えばいいのですが、本格的に薪で調理をしたい場合には焚き火ハンガーなどと組み合わせ、焚火台の上に鍋などを吊るしてやる必要があります。

焚き火ハンガー

ファイアーディスクは火をコントロールしやすいので、鍋やケトルなどの下に薪を集めてそこだけ火力を上げることも容易ですよ。

焚き火

後片付けはとても楽

板の写真は焚き火をした翌朝の状態です。

ロストルなどの部品が一切無いので、灰をこのまま灰捨て場、もしくはゴミ袋の中に傾けて捨てるだけです。

とても簡単に後片付けが出来ますよ。

ファイアーディスクと灰

ファイアーディスクのデメリット

ここではいいことばかりではなく、使って気付いたデメリット(注意点)とその対策についても説明します。

1.長時間焚き火をすると火力が低下する

ファイアーディスクで焚き火をずっと続けていると、焚火台の中央に熾火がたまってきます。

すると熾火が邪魔をして空気が薪の下に入りづらくなるので、火力が落ちてくる傾向があります。

といっても、薪を一束燃やすくらいなら問題と感じるほどのことではありませんが。

もし空気の流れが悪くなったと感じた時は、火ばさみなどで中央の熾火を端によせ、空気の通り道を作ってやりましょう。

熾火

2.足が不安定

ファイアーディスクはディスク本体に比べ、開いた3本足の幅が狭い構造になっていることから、重い薪をディスクの端の方に載せてしまうと不安定になります。

場合によっては焚き火台が倒れてしまうことも。(管理人は一度経験あり)

焚き火台が倒れると、かなり危険なのはいうまでもないですよね。

ですのでファイアーディスクで焚き火をするときは、くべる薪の重みがディスクの一端に偏らないように注意しながら使いましょう。

3.焚き火台下の地面が熱くなる

ファイアーディスクを使っていると、真下の地面はかなり熱くなります。

これは管理人が焚き火中に足のつま先を焚き火台の真下に入れて確認したもの。(笑)

芝サイトの地面にはダメージがありそうな気がします。

焚き火をする場所の状況によっては、焚き火シートなどを敷くようにしましょう。

焚き火シートを使用

コールマン ファイアーディスクまとめ

以上、コールマンのファイヤーディスクの特長、仕様、実際に使って感じたことをお話しました。

ここからまとめです。

焚き火の時間

ファイアーディスクの特徴まとめ

これまでに説明した、この焚き火台の特徴をまとめておきます。

  1. シンプルなデザインで格好いい
  2. 組み立ては3本脚を開くだけ
  3. 空気がよく通るので燃焼性が高い
  4. 炭で調理するときに使う焼き網付き
  5. 市販の薪が余裕で入るサイズ感
  6. 後片付けが楽
  7. 凹面の形状なので反射熱で暖かい
  8. 良心的な価格設定

焚き火鍋

焚き火の面白さが分かる方におすすめしたい焚き火台

僕はこのファイアーディスクを使って焚き火をしていると、直火をやっているのに近い感覚を覚えます。

こうなる理由の一つ目は、浅いスリ鉢に似た本体の形状が、直火で焚き火をする姿に近いため。

もう一つは焚き火台の底面に空気を通すためのロストルという部品が無いので、自然な空気の流れで火がおきていることだと思うのです。

直火感覚

薪が燃えている様子をじっと眺めることは、焚き火の楽しみの一つだと思います。

そして炎が弱くなり煙が出てくればファイアーブラスターで空気を送り炎を復活させるという、火をコントロールする行為もまた焚き火の一興であることに違いありません。

きっと人間が火を手にした太古の昔から、そうした楽しみを知っていたと想像します。

最新の2次燃焼の機能がついた焚き火台は確かによく燃えて煙も少ないのですが、同時に燃焼炉が深いために薪が燃焼するところが見えないというデメリットもあります。

それに較べて、このファイアーディスクは薪を投入する高さが低いうえに本体が浅いことから、薪が燃える状態が良く見える焚き火台。

これってつまり、焚き火本来の楽しさを十分に味うために作られた焚き火台だと言っても言い過ぎでは無いと思います。

というわけで、最後になりましたがこのファイヤーディスク、

焚き火の面白さが分かる方や、もっと焚き火を楽しみたいと考えている方にぜひオススメしたい一品です。

それでは、今回はこのへんで。

みなさん、楽しいキャンプを!

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事