スポンサーリンク

キャンプの持ち物の中にいつもキッチンペーパーがある

こんばんは、パパーマンです。今回はキャンプで便利に使えるキッチンペーパーのお話です。

キッチンペーパーとキッチンタオルの違いとは?

スーパーやホームセンターで売られているキッチンペーパーを見ていると、袋に「キッチンペーパー」と書かれてあったり。「キッチンタオル」と書かれてあったりするので、どちらの名称が正解なのか混乱してしまいます。

キッチンタオルは文字通りキッチンで使うタオルという意味なので、コットン製で洗えば何回も使えるモノをそう呼びます。おそらく(紙製)キッチンタオルという意味だと思いますが、(紙製)の部分がすっかり忘れ去られたのだと思います。

一方、キッチンペーパーは紙で作られたキッチンタオルのことです。一般に紙はエンボス加工されていて汚れを取りやすく、また吸収率も高くなっています。

僕がキッチンペーパーを使うようになったわけ

今年になってよく通っている無料の粕川オートキャンプ場には流し台が無いので、汚れた食器が洗えません。そんなシチュエーションは時々あると思いますが、そこで役に立つのが今回お話しするキッチンペーパーです。僕はいつも、キャンプ場でこのキッチンペーパーで汚れをふき取ってから、家まで食器を持ってかえるのです。

キッチンペーパー

食器の汚れをふき取るには、ティッシュペーパーやトイレットペーパーよりも断然便利なキッチンペーパー。はじめは流し台がないので仕方なく使っていましたが、今は地味ですが手放せないアイテムになりました。写真のキッチンペーパーは100均で買いましたが価格が安いのもいいですね。

キャンプでのキッチンペーパーの使い方

キャンプでのキッチンペーパーの主な使い方を紹介します。

食器の汚れ落とし

キャンプ場では食事の時に食器やコッヘルなどを使って汚れても、洗い場まで離れているのですぐに洗いものを出来ないことがあります。そんなとき、その場で汚れた食器をキッチンペーパーを使ってふき取ると、あとで洗い物をするときグッと楽になります。

とくに油汚れは冷えてしまうと固まってしまうのですぐに拭いておきましょう。キャンプ場の蛇口からはお湯が出てくるわけではないので、洗い物をするときには省力化効果があります。また食べ物にアリなどの虫が集まてくるのを防ぐことにもなりますよね。

熱い鍋をつかみたいとき

僕は鍋つかみ、ミトン、軍手などが手元に無い時、とっさにキッチンペーパーで熱い鍋やコッヘルをつかむことがあります。キッチンペーパーは厚みがあるので、折りたためば断熱性があり非常用には十分使えます。

焚き火の着火用

エンボス加工がされている紙なので、とても燃えやすいです。薪に火をつけるときに、着火用として何も燃やすものが無い時はキッチンペーパーを丸めれば使えます。

テーブルの上にこぼれた飲み物などをふきとる

ちょっどした汚れを吹きとるときは、雑巾よりも使い勝手がいいです。その為に、すぐに手の届く場所にキッチンペーパーを置いておくといいですね。

サイト撤収時にテーブルやチェアのあしについた泥を車に乗せる前に落とす

泥を車に持ち込まないためには、撤収時に地面に接するキャンプ道具の泥汚れを落としてやるといいのですが、これも布雑巾を使うと、あとで雑巾を選択しないといけないのでキッチンペーパーを使うとお手軽です。

もちろんキッチンペーパー本来の使い方も

もちろん洗い終わった食器やコップなどの水分をふき取る際にはとても便利です。使った後はごみとして捨てるだけなのがキッチンペーパーの利点ですよね。

スポンサーリンク

キャンプでキッチンペーパーを是非お勧めしたい使い方

また、共同の流し台があるキャンプ場(普通はそうですね)でもぜひ使ってほしいのが、このキッチンペーパーなのです。

みんなの流し台を気持ちよく使えるように

食事が終わったら流し台に汚れた食器などを運ぶ前に、このキッチンペーパーで大まかに汚れをふき取ってやれば流し台に残飯が流すことを防げます。そうすれば流し台の排水溝が詰まらず、みんなが気持ちよく洗い物が出来ますよね。

すでにこんな使い方をしている方も多いと思いますが、キッチンペーパーはキャンプに行くときに、荷物の中にひとつあると便利ですよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事