スポンサーリンク

CB缶の残念なポイントはそのデザインにあり

パパーマンはソロキャンプで使用している燃料をCB缶(いわゆる家庭用のカセットコンロで使うガスボンベ)で統一しています。

CB缶は取り扱いがとても楽な上に、最近では近所のホームセンターである程度まとめ買いさえすれば、1本85円くらいで購入出来るほど価格が下がってきたこともあって、もうこれしかキャンプの燃料は考えられないほどです。

そんなCB缶にも弱点はいくつかあります。その一つは下の写真の様にOD缶→CB缶変換アダプターを使ってランタンに取り付けた時、見た目が安っぽく見えることです。

プリムスやEpi、スノーピークなどアウトドアメーカー製のOD缶は、見た目に格好いいですよね。プリムスの黄色缶などは、いかにもアウトドアっていうデザインがたまりません。

それに比べ、CB缶には「ジョイファイヤー」とか「火子ちゃん」とか「コン郎」とか種類がありますが、どれもデザインが大衆向けというかアウトドアの雰囲気はなくて、一言で表すと安っぽいです。(笑)あーメーカーさん、ご免なさい。

暗闇でこそあまり気になりませんが、明るいところで見るとやはりダメです。もう少しCB缶の見た目が良くならないものかとパパーマンは思っていました。

そこで今回はこんなものを試してみたというお話です。

CB缶を魅せる01

OD缶用のカバーのようなものがCB缶にも欲しい

OD缶は、そのままでも格好いいのですが、さらに専用のカバーが売られています。

下の写真はテンマクデザインの商品です。こちらはアマゾンで3000円オーバーです。

牛革のハンドメイドの製品なんかもあり、こちらは高級感がありますね。

こちらはモンベルのプロテクターです。この素材はネオプレーン製なのですが、こんなソリッドな感じのカバーのCB缶用が欲しいと思っていました。

でも、CB缶用の製品はアマゾンでも見つかりませんでした。

そこで100均のSeriaに行き、こんなものを見つけました。下の写真の黒色のカバーです。

CB缶を魅せる02

もちろんこちらはCB缶専用のカバーでは無くて、500ml用のペットボトルカバーです。つけてみるとサイズはジャストフィットですね。この商品の素材は合成ゴムとポリエステルですが、モンベルのネオプレン製の雰囲気に近いものを感じませんか。

CB缶を魅せる03

という訳で、今回はCB缶カバーの小ネタでした。100均はペットボトルカバーの種類が豊富なので、使えそうなものは他にも見つかりそうですが、いかがでしょうか。

それでは、また。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事