前回の記事「初夏の粕川 モリモリ膳を食べに(2015.5.30)前編」の続きです。

5/31(日) 朝。

外が明るくなってきたのを感じ、テントの中から外を覗くと太陽が出ていました。

粕川オートキャンプ場02 朝日.

スポンサーリンク

朝は泉で水を汲む

下の写真はキャンプ場の近くにある二条関白蘇生泉です。

最近は、2Lサイズのペットボトルの水を粕川に来る前のスーパーで1本買って持ってきていれば十分足りていましたが、昨日は暑くて結構お茶を作って飲んでいたのとカレーライスで思った以上に水を使ってしまいとうとう水切れです。

粕川オートキャンプ場02 二条関白蘇生泉

早速、朝一番にペットボトルに水を補給です。

粕川オートキャンプ場02 二条関白蘇生泉で水汲み

山の新緑に感じる初夏の粕川

キャンプ場近くの山の風景です。新緑の緑色も、前回の粕川キャンプの時より少し色が濃くなってきた様です。

今日も気持ちのよい天気ですね。

粕川オートキャンプ場02 新緑の山

朝ごはんは、昨日のカレー丼の残りです。うーん、お腹いっぱいです。

粕川オートキャンプ場02 朝もカレー丼

スポンサーリンク

ピルツ7を使った初夏のキャンプの状況

今日のピルツ7君です。

ピルツ7は気温が上がってくると、あまり風がテントの中を通らないので暑いです。

三角テントはテントの裾(下)から上の通気口に抜ける風を想定して作られていますが、この風の流れはとても弱くて、暑さを和らげる程では無いですね。

この点は、ピルツ7の宿命として諦めるしかないようです。涼しいテントなんて、そんなにあるわけでは無いのですが。

今日はテントの外にいる方が快適でした。

粕川オートキャンプ場02 ピルツ7

マイマイガの大量発生

さて、粕川オートキャンプ場の、気になるマイマイガの幼虫の発生状況ですが

数は、前回より遥かに数は少なくなっているものの、随分成長して大きくなっていました。

今回、テントの中に潜入している毛虫を2匹見つけて驚きました。暑かったのでメッシュインナーを開けていた時にきっと入ってきたのでしょう。

皆さんも、ご注意を。

粕川オートキャンプ場02 今日のケムンパス

もりもり村へモリモリ膳を食べに

さて、撤収してモリモリ村に向かいます。春日もりもり村はキャンプ場から10分くらいです。

まずは、薬草の湯に410円払って入ります。

粕川オートキャンプ場02 モリモリ村へGO

そして、湯上りでさっぱりしたら、レストランで今回の目的だったモリモリ膳をいただきます。

薬膳定食のモリモリ膳は、このレストランで一番高いメニューで1700円です。

ボリュームもありますが、この薬膳定食はとても美味しいかったです。

たまりませんなー。

粕川オートキャンプ場02 モリモリ膳

モリモリ村では地元の野菜や工芸品なんかも売っています。

ちょうど道の駅の売店みたいな感じですね。帰りに1パック200円のいちごを2パックお土産に買いました。

薬草風呂も気持ちいいし、またここに来ようと思います。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!

→はじめの記事「初夏の粕川 モリモリ膳を食べに(2015.5.30)前編」に戻る。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事