スポンサーリンク

まさかの大雨でテントの中に引きこもりキャンプになる

前回の記事「オートオンクーラーライトが夜中に食材を照らしてくれる」の続きです。

粕川オートキャンプ場 2017年7月30日(日)の朝。

テントに打ちつけるポタポタという音。朝から雨がはげしく降っています。昨日の天気予報では日曜日は曇りのはずだったのですが、今見ると雨になっていますね。粕川オートキャンプ場は山側の影響を受けやすく、経験的には天気予報の結果より天気がだいたい崩れやすいと思います。

さてこうなると、テントの中で雨が上がるのを待つしかありません。他のキャンパーさんも、今のところ雨の中でテントを撤収している様子は見られません。皆さん、きっと雨上がりを待っているのだと思います。

天気予報では午後から降水確率が下がるので、雨が上がる可能性が高いと思われます。その瞬間に期待して今はじっとするしかないですね。

こういうとき、今使っているユニツアー3はソロテントとしては前室がとにかく広くて、起きて前室のチェアに座り、炊事をしたり、本を読んだりと、いろいろと前室内で活動が出来るので比較的使いやすいテントです。パパーマンはキャンプのスタイルとして、「引きこもりキャンプ」というジャンルが存在すると思っているのですが、そういった意味では引きこもりキャンプにぴったりなテントかもしれませんね。

粕川49_雨とペグ

最近使っている けむりの少ない微煙タイプの蚊取り線香

とりあえず、起きたら用心のため蚊取り線香をつけます。ただ、朝方はあまり虫に刺されることは少ないのですが。

前室はクローズにしているのですが、そんな状態でもこの金鳥のけむりの少ない微煙タイプの蚊取り線香は秀逸で、点火してもちっとも煙たくありません。お値段は少し高いおですが、とてもよくできた線香だと思うのですよ。

粕川49_煙の少ない線香

スポンサーリンク

夏のキャンプには扇風機があると快適だと思う

前室の中は現在25℃です。雨が降っても、このくらいの温度になるとけっこう蒸し暑いと感じます。

粕川49_25℃

そこで扇風機のスイッチをオンに。

昨日からずっと扇風機を使っていますがポータブル電源の減りは現在まで5目盛り中の1目盛りのみです。2日目も暑さ対策としてずっと扇風機を回しっぱなしにしていました。思ったとおり今回のキャンプでは扇風機が大活躍です。ポータブル電源と合わせると少し高い買い物でしたが、結構使えるようなので元手はとれそうです。

粕川49_朝から扇風機

朝ご飯は、簡単にとろろそばです。

粕川49_とろろ

キャンプをしていれば時には雨の降る日もあるよ

下の写真は小雨になった瞬間にテントから出て、キャンプ場の南側の山を見たところです。雨で山の上の方が真っ白けですね。まだまだ雨はやみそうにありません。

粕川49_雨が降る

やはり暑いので前室を開けて風を通してやります。あぁー、早くこの雨がやまないかな。

粕川49_雨があがるのを待つ

今回は、このへんで。

続きは次回「コールマン フロンティアPZランタンの入院が決定しました」の記事をどうぞ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事