スポンサーリンク

1年使ってみて良いと感じたミニシェラカップを紹介

キャンプ用品としては誰もが知っている定番のシェラカップですが、僕がソロキャンプを始めてから主に使っていたのは下の写真のシェラカップ。

通常のシェラカップとは少し違うのに気がつきましたか?

ミニシェラカップ01

通常のシェラカップは容量が300mlくらいですが、こいつは210mlとひとまわり小さいのです。

というわけで、今回はキャプテンスタッグのミニシェラカップ210mlを紹介します。(*^-^*)

ミニシェラカップの主な仕様

まずはキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス ミニシェラカップ210ml M-5515の主な仕様から

  • サイズ(約):外径96×高さ45mm(本体のみ)
  • 容量(約):210ml
  • 製品重量:(約)80g
  • 材質:ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)

下の写真は、右がミニシェラカップ。左は同じキャプテンスタッグのレギュラーサイズのシェラカップです。

写真の通り、見た目にはずいぶん大きさが違いますが、それだけではなく、容量で約100cc、製品重量で20gの違いがありますので、例えばお茶などを一杯に注いだ時の重量の差は120gになりますので、これはかなり軽く感じます。

ミニシェラカップ02

スポンサーリンク

大は小を兼ねない ミニシェラカップの特長

ミニシェラカップの良いところは、この軽さ。ここが僕が一番に気に入っている部分で、使っていて本当に楽なのです。またミニシェラカップの容量は小さいけど、実際に使ってみてサイズが小さいことで不便だと感じる場面はほとんどないのです。

それから、アウトドアでは、良く焼き肉や餃子のタレ、お刺身のしょう油をお皿なんかに入れたりしますよね。この様なとき、皿の代用としてシェラカップが使いやすいのですが、ミニシェラカップはもともとサイズが小さいので、この様な用途に向いています。

炊飯をする時、僕はこのミニシェラカップで米の量を計っていますよ。ミニシェラカップには180ccのところに目盛りがついているのです。一合=180ccなので、分かりやすくてとても使いやすいです。

あとは小さな子供が使う食器としても、かわいいのでなかなかいいと思いますよ。

いままで持っているシェラカップと合わせて使える

ミニシェラカップは下の写真の様に、通常のシェラカップの中にピタリと納まります。サイズが大小違うシェラカップですが、この様にスタッキングでは邪魔になりませんので、僕もそうですがミニシェラカップを手持ちの通常のシェラカップと一緒に使っても特に問題はないですよ。

ミニシェラカップ03

ミニシェラカップは、僕のおすすめです。今のところ、このサイズはキャプテンスタッグからしか出てない様ですね。またさらに軽量を求めるなら、少し高いのですが同じサイズのチタン製(38g)もあります。

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事