スポンサーリンク

ユニツアー3で焼き肉をするためのアイテムを使う

前回の記事「春の夜の静かな雨に桜散る」の続きです。

粕川オートキャンプ場 2017年4月15日(土)の夜です。

先週、お花見でイワタニのやきまるを使って焼き肉をしたのです。その時は煙も炎も出なかったので快適と言うと少し変ですが、いつもより落ち着いて焼き肉をすることが出来ました。

先週は牛肉と鶏肉を焼いたのですが、今回はもっと脂の多いお肉を焼いても煙が出ないか様子を見るつもりです。

下の写真は豚肉を焼いているところです。右手のカセットコンロの上にのっているユニフレームのごはんクッカーからは白い湯気が出ているのが分かると思いますが、やきまるの方はというと煙はほとんど発生していないのが分かると思います。

粕川43_豚肉をやく

キャンプで至福の焼き肉時間がやってきた

炊きたてのご飯に焼き肉のタレを絡めた肉をのせて、肉とごはんを一緒に食べるとたまりませんね。もう、いくらでもご飯がすすみます。

粕川43_ご飯にのせて

豚肉を完食した後は牛ホルモンを焼きました。ホルモンは脂肪のかたまりみたいなものなので、焼いていると汁がドボドボとプレートのスリットを通って流れ、穴に落ちていきます。

問題の煙ですが、はじめて煙が出る状態になりました。といっても炭火でホルモンを焼いた時に比べると、それはわずかな煙なのですが。

一番心配していた炎ですが、ホルモンを焼いても上がりませんでした。

粕川43_ホルモン焼くと煙出る

そしてホルモンも完食。焼き肉が終わって休憩中です。

粕川43_焼き肉の夜

スポンサーリンク

フタをあけるとロウソクのような物体があった

やきまるのプレートを外したら、「なんじゃこりゃ!」

はい、これが煙のもとです。焼き肉ってやはりカロリーが高いのですね。健康のためにホルモンは脂を良く落としてから食べましょう。

粕川43_脂の塊

久しぶりにノクターンに点灯しました

今日は二軍落ちしていたスノーピークのノクターンを持ってきました。ノクターンは風が吹くと簡単に火が消えてしまうので今回も困りましたが、テントをフルクローズにして風がない状態にしてやると写真のように炎が安定しました。前室の中に閉じこもってまったりするときには、なかなか雰囲気のいい照明です。

発売されたころ、このスノーピークのノクターンは値段が異常に高騰した状態が続いていましたが、現在はまた定価に戻っているようですね。

粕川43_スノピのノクターン点灯

お腹いっぱいになったし、そろそろ眠くなってきたので寝床に入ることにします。

粕川43_ユニツアー3をフルクローズに

今回は、このへんで。

続きは次回「朝起きてたんぽぽの中赤いペグ」の記事をどうぞ。

おやすみなさい。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事