スポンサーリンク

ピルツ7とムササビウイング連結時の問題

こんばんは、パパーマンです。

今回は強風風対策としてピルツ7のセンターポールの強度をUPしたお話です。

ピルツ7で夏の暑さを乗り越えるめに、購入したテンマクデザインの ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version はピルツ7と合体させた姿が綺麗で、僕のお気に入りのタープとなりました。

ところが問題発生!

以前、ムササビウイング13ft.TC“焚き火”version 強風に注意編という記事で書いた通り、ピルツ7にムササビウイングを粕川オートキャンプ場で連結していたら、強風でポールが大きく変形したのです。

この時は仕方なくムササビウィングを撤収してしまいました。(´-ω-`) このままではいけませんね。

ピルツ7ポール強化08

センターポールの変形とその対策を考える

ピルツ7のセンターポールは直径が16mmと比較的細いので、ムササビウイングの様なタープを連結させると強風時にポールが変形しそうになるという問題があります。これは三角テントとウイングタープを連結する上で、とても深刻な問題です。

この時は本当にセンターポールが破壊しそうだったので、慌てましたよ。

この問題に対して、7/11、7/12のキャンプ日記

の時に対策を施してみましたので、その一部始終を見ていきましょう。

ピルツ7のポールを交換する

単純な解決策ですが、まずピルツ7のセンターポールの強度UPを図るのが第一です。ピルツ7に付属のポールは長さ180cm、直径16mmのアルミ製ですので、同じ長さで強度の強いポールを探せばいいのです。

ただし、強度を上げるために直径があまり太くなると、テントの頂点までしっかりポールが差し込めない問題が起きそうなので、径のUPはほどほどになるポールを探しました。

選んだのはキャプテンスタッグ製の3本つなぎポール

その結果がこちら。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3本つなぎポール180cm M-7156 です。

ピルツ7ポール強化01

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3本つなぎポール180cmは、直径19mmです。ピルツ7の付属ポールに対し3mmUPだけですが材質がスチールなので、これなら直径の差以上の強度UPが期待できます。

下の写真は上がピルツ7に付属のポールで、下が代替に使うキャプテンスタッグの3本つなぎポールです。付属ポールは4分割なので、コンパクトになりますが、3本つなぎポールはその分長くなりますのでピルツ7の収納袋には入りません。

オートバイにテントを載せている方は積載性に問題があるかもしれませんので注意が必要です。僕の場合はポールはいつも単体で車に積んでいるので、この点については問題ありませんでした。

ピルツ7ポール強化02

それでは組み立てた状態で、2本を並べてみましょう。まず、直径の比較です。

右がキャプテンスタッグの3本つなぎポールですが、+3mmの差でもこうして並べてみると数値上に太く丈夫になった感じがします。試しに手でグイッと曲げてみたところ、付属ポールは簡単に曲がりますが3本つなぎポールは頑丈でなかなか変形しません。

ピルツ7ポール強化04

次に全体像です。3本つなぎポールはタープの穴に差し込む細くなった金具部分だけ長いようです。

ピルツ7ポール強化03

ポール先端の金属棒をカットする

先端部分を拡大しました。購入前から考えていた通り、先端の金具が無ければ長さはぴったり揃いそうです。

ピルツ7ポール強化05

庭に出て、のこぎりで切断しました。作業時間は約1分。(; ・`д・´)これで準備完了です。次はいよいよ実践です。

ピルツ7ポール強化06

スポンサーリンク

ピルツ7に再びムササビウイングを連結

さて、それでは場所を粕川オートキャンプ場に移しましょう。ここは、夕方になると強風が吹く可能性がとても高いキャンプ場です。

写真はピルツ7のメッシュインナーを立ち上げたところです。このポールは強風対策品のキャプテンスタッグの3本つなぎポールです。問題なさそうですね。

ピルツ7ポール強化07

次は心配していたピルツ7の頂点へのポールの差込み深さですが、下の写真の様に赤い矢印までポールが差し込まれているのを確認できました。

ピルツ7に付属している白/黒のツートンカラーの輪の縫い目より上までささっているので、ポールを交換したことが原因で縫い目が破れるということは無さそうです。

ピルツ7ポール強化09

ムササビウイングが風を受けたらポールはどうなる

夕方になって、強い風が出てきました。ピルツ7の中に入ってポールの変形具合を観察しますが、下の写真の様に、見た目では全く変形がわからない程度です。

ただし、前回の 梅雨の晴れ間キャンプ 粕川からさざれ石公園へ(前編)の時のほうが、風は強かったのは確かです。

風対策についてはひとまず成功としますが、もっと風が強いとどうなるかという疑問が残りましたので、この装備のまま粕川オートキャンプ場でキャンプを続け、しばらく様子を見ていきたいと思います。

ピルツ7ポール強化10

 

そしてポール改造後に実践投入した

粕川オートキャンプ場で、今までで最大の強風に会いました。下のキャンプ日記を参照ください。

この経験から、交換ポール、ピルツ7のツートンカラーの輪の縫い目の強度にも限度はあると思いますが、普通に使っていてまず問題ないレベルと考えられるようになりました。

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事