スポンサーリンク

粕川オートキャンプ場は梅雨の曇り空

7月11日(土)、7月12(日)の一泊二日で粕川オートキャンプ場に行ってきました。

台風11号が日本に近づいている様ですが、この週末の日本列島は高気圧に覆われて概ね晴れだった様ですね。粕川オートキャンプ場の天気は高温多湿の、まさに梅雨の曇り空。今年のキャンプで一番暑かったです。

こんばんは、パパーマンです。

午前中、用事があり粕川オートキャンプ場へ到着したのは午後4時を回っていました。今日の粕川オートキャンプは、たくさんの人でにぎわっています。川で水遊びをする人も結構いますね。

今回もピルツ7にムササビウイングを合体させたサイトです。

粕川06 サイト全景

キャンプ場は蝉の鳴き声と、キリギリスの鳴き声でいっぱいです。すっかり夏の雰囲気になっていますね。山の方の空は、モヤモヤしています。ジメジメしていますが風が吹けば気持ち良いです。

いつもの風を待ちます。

粕川06 山は雨か

下の写真はテントの中から外を眺めたところ。

暑いので、ピルツ7のメッシュインナーの入り口を全開にしていますが、毛虫はもう居ないし、ここは蚊もほとんど居ないので大丈夫です。

粕川06 ピルツ7より外を見る

焼き鳥をしよう

前回の 梅雨の晴れ間キャンプ 粕川からさざれ石公園へ(前編)で焼き鳥をしたのが楽しかったので、今回も来る前にスーパーで鶏肉を買ってきました。

まずは準備です。ユニフレームのユニセラで炭を起こします。

粕川06 炭の準備

炭が出来上がるまでには時間がかかります。

炭熾しが出来ました

お米に水を浸したり水を汲みにいったりと、段取りをしながら待ちます。さて炭がいい感じに出来てきました。あとは、焼き鳥を投入するばかりです。

粕川06 炭の準備出来た

スポンサーリンク

焼き鳥は楽しい そして旨い

鳥肉を網に載せると、油で火がついて煙もモウモウと出てきます。焼き鳥をくるくる回したり、移動させたりと忙しいです。

炭火だと、外はカリカリ、中はジューシーに出来あがるので、うまいです。一本ずつ、味わって食べました。

粕川06 焼き鳥焼き焼き

一人用土鍋で炊飯

ご飯が吹きこぼれてきました。

一旦火を止めて、弱火で3分くらい加熱すると、うまく炊けました。

粕川06 ご飯も炊けた

ねぎ焼きを作っている頃には、日が暮れていました。

日帰りの方は暗くなる前に撤収して居なくなりますが、同じ頃にやってくる方も居て、暗闇の中でペグを打つ音が聞こえてきます。

さて、お腹いっぱいになったら、テントに入るとしましょう。

粕川06 ねぎ塩焼きの煙

テント内ではカーナビでテレビやビデオを見る

僕の車にはパナソニックのゴリラカーナビを取り付けていますが、これをテントに持ち込み寝る前にビデオをまったり見たり良くします。

粕川06 クラッシックLEDランタンの灯り

今日は、結構暑い一日でした。

夜になっても気温はなかなか下がらず、時折吹く風が気持ちよいです。

さて、明日はどこにいこうかな。

それでは、おやすみなさい。

このつづきは次回「梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(後編)」の記事 に続きます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事