スポンサーリンク

食べきりサイズのcocomeでキャンプが楽しくなる

こんばんは、パパーマンです。

僕はソロキャンプのとき、いつも、スーパーマーケットで出来るだけ小さなお米の6kg袋を買っていたのですが、キャンプで全部食べてしまうまでには、それでも数か月かかってしまいます。

おまけにパパーマンの場合はキャンプ道具と一緒にお米の袋まで車に積みっぱなしにすることもあって、お米がなくなる頃には劣化でお米の味がかなり落ちてしまうという不満がありました。

そんなことを考えている時、旅先のスーパーマーケットでみつけたのが、このお米 ”cocome”(ココメ)のシリーズです。

cocomeは1袋に2合だけ入っているので、1回のソロキャンプで使い切ることが出来るのです。これなら、お米はいつも新鮮でおいしくいただけますよね。

そして、このcocomeのいいところは、それだけでないのです。

cocome01

お米の鮮度を保つ工夫がある

このcocomeですが無洗米なのでキャンプでは手間が省けて便利。でも、ここまでは当たり前。鮮度を保つために、お米の酸化を抑制するエージレスパックを採用していているところにこだわりを感じます。

cocome02

スポンサーリンク

森のくまさんって?cocomeを選ぶ楽しみ

そして、cocomeのもっと凄いところは、全国各地のおいしいお米を選べることです。

2合サイズなこともあり「今日は○○産の○○にしよう。」とか、毎回、少しずつ違う味を楽しめるのも、キャンプでは一つの楽しみになりますよね。

森のくまさんや、結びの神とか、面白い名前のお米があるのですね。cocomeは、パパーマンが最近見つけたキャンプでおすすめの美味しいお米です。

cocomeはアマゾンでも売られていますが、近所のスーパーでもみつけたら是非手にとってみてください。

それでは、また。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事