雨で濡れたほおずき
夜になって降ってきた雨が次第に激しくなってきた

こんにちは、ochanです。

台風が九州に接近している影響で、神洞ほたるの里公園キャンプ場も夜になって雨が降ってきました。

天気予報では一番多い時で1時間当たり3mmくらいの降雨量だったはずですが、現場では雷を伴った激しい雨がかなり長時間続いていました。

いわゆるゲリラ豪雨というやつですね。きっと夕方に山の上にあった巨大な積乱雲がこのゲリラ豪雨を起こしたのでしょう。

大雨とキャンプ場の水はけが悪いせいもあって、地面にどんどん水がたまってきました。

最近の僕は地面の上にハイコットを置き、その上にメッシュシェルターを固定し中に潜って寝るスタイルなので、足下の浸水についてはどれだけ雨が降っても全然気にならないのです。

だから、この日のキャンプは大雨にもかかわらず心強かったですね。もし普通のテントの中でマットを敷いて寝ていたとしたら、浸水して大騒ぎになっていたかもしれません。

何度か雨のキャンプをやり過ごしてみて、今ではこのスタイルが雨の日のキャンプの一つの形だと思うようになりました。

今悩んでいるのは、雨をさえぎるパンダTCタープが若干小さいのでここをどうやって補強するかということ。

パンダTCタープは素材がTCなので、夏の日差しを遮る効果はとても高いのですが、幅が若干短いので風があるとポップアップシェルターに雨が降りこんでくることがあります。

そこで次に手にするべきは大きめのレクタタープ?(この場合はTCか裏面シルバーコーティングか) シェルターテント? DODヌノイチ? このあたりを考えているのですが、サイズも含めてなかなか決まらずにモヤモヤしています。(;^ω^)

というわけで、神洞ほたるの里公園キャンプ場でのソロキャンプのお話、今回はゲリラ豪雨の中の第二話です。

最後までごゆっくりとどうぞ。

スポンサーリンク

タープ泊の一つのかたち

前回の記事「岐阜で無料の神洞ほたるの里公園キャンプ場でソロキャンプ第一話」の続きです。

2020年9月5日(土)岐阜県美濃市神洞(かんぼら)にある神洞ほたるの里公園キャンプ場でのソロキャンプの夜。

夏の暑さ対策として、今年からAlpine DESIGNのポップアップメッシュシェルターテント2をフライ無しで使う様になったのですが、ポップアップ式で組み立てがとても楽だし、風通しがこの上なく良いのでとても気に入っています。

パンダTCタープを組み合わせて、タープの奥にこのシェルターテントを置き、手前側にテーブルを置くレイアウトにすればテント要らずです。

それにタープを張るだけなので、とてもサイト設営作業が楽になりました。

おっさんソロキャンパーにとって、これはとてもありがたいことです。

ただ正直なところ、フルクローズできるテントに比べれば、防犯面では少し心配な部分があるのは確かですね。

夜のソロキャンプ

テーブルも、いつもはユニフレームの焚き火テーブルとZATAKUⅡをセットで使っているのですが、今日はZATAKUⅡの一台だけに絞っています。

あまり広くはありませんが、これでも不満が無く使えます。

ソロキャンプのテーブル

テーブルの上をメインで照らす灯りにはNaturehikeのLEDランタンを使っています。

その気になれば1300ルーメンまで明るくなるので(普段はそこまで明るくする必要は感じませんが)性能については不満はありません。

ネイチャーハイクのLEDランタンの紹介記事はこちらです。

 

1300ルーメンの照明

トランギアのメスティンで自動炊飯をする

それでは炊飯を始めましょう。

いつものように、固形燃料でメスティンの自動炊飯です。

もう、これで失敗するなんて考えられません。

 

メスティン自動炊飯準備完了

本当に火をつけたら、ほっておくだけなので楽ちんですね。(^.^)

最近は最後の蒸らし工程でタオルを巻いて保温することをしなくなりましたが、それでも十分食べれる水準です。

トランギアメスティン自動炊飯中

メスティン自動炊飯の紹介記事はこちらです。

スポンサーリンク

カセットコンロとキャンプ中華鍋

おかずも最近はユニフレームのキャンプ中華鍋17cmで作るパターンになってきました。

これもお気に入りの道具です。

そしてこのキャンプ中華鍋は、カセットコンロの五徳形状と相性がいい(手を放しても安定する)ので、イワタニのECOジュニアを復活させています。

まだまだ現役のコンロなのですが、だいぶくたびれた感じでなのでカセットコンロも新調したいと思っています。(#^.^#)

キャンプ中華鍋を加熱

ホルモン野菜炒めの完成です。

面倒なのでお皿は使わず、このまま直接いただきます。

ホルモン炒め

キャンプ中華鍋の紹介記事はこちらです。

ゲリラ豪雨のキャンプ場

暗くなってから、ずっと落雷の音や稲光を感じていたのですが、ご飯を食べ始めたあたりから雨が降り出しました。

はじめはポツポツという感じでしたが、やがてゲリラ豪雨に変わります。

いやー良く降ります。

タープのはねあげの位置を少し下げ、ガイロープを再び固定しました。

あまりの雨の勢いに何もやる気が起きないので、今夜は早く寝ようと思ってメッシュシェルターの中に入ってみたものの、若干ですが顔に雨が吹きつけるのを感じ眠れません。(#^.^#)

それでもしばらくシェルターの中でウトウトしていると、いつのまにか雨が止んでいたようでした。

ゲリラ豪雨

神洞ほたるの里公園キャンプ場の上空に月が出る

あたりが再び静まり、秋の虫の鳴き声も聞こえてくるようになりました。

見上げると、空には月と星。

どうやら、雨雲は行ってしまったようです。

雨のおかげで気温もぐっと下がり、とても快適な気候になりました。

「今夜はいい夜だなー。」

そして今度こそ、朝まで眠ることが出来ました。

月夜

それでは、今回はこのへんで。

この続きは次回の記事「岐阜で無料の神洞ほたるの里公園キャンプ場でソロキャンプ第三話」をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事