スーパーのおさかなコーナーで地元の海鮮を探す

前回の記事「春の海漁り火数えソロキャンプ」の続きです。 キャンプ1日目 2017年4月30日(日)の夜おそくです。 パパーマンの住んでいる岐阜県には海がないのです。なので今回の様に海の近くにキャンプをする時には、やはりお肉なんかではなく、海鮮物を食べたいと思ってしまいます。 今日は、このキャンプ場に向かう途中に敦賀市のアピタで買い出しをしました。そこのお魚コーナーで見つけた獲物が下の写真のあまえびでした。地元産のあまえびが、たった298円でこんなに食べられるなんて。福井の人がとてもうらやましいです。 鮎川13_あまえび わさび醤油でいただくと、とりける甘みと海の香りが口の中に広がり、もうたまりません。 1人なのに、口から「うめぇー。」という言葉が自然に出てしまいます。
甘えびにはグリシン、アラニン、セレンなどアミノ酸が含まれています。また、甘くとろりとした栄養素にはタウリンが多く含まれ、脳卒中や高血圧、心臓病などの生活習慣病予防として効果があるといわれています。 ~福井県農林水産部食料安全・流通対策課HPより~
パパーマンは血圧高めなので、あまえびを毎日食べる必要がありますな。 鮎川13_あまえび食べる 最後は、ごはんですよ。 鮎川13_サイト前より見たところ この通り、ごはんがうまく炊けました。 最近はもっと固めのご飯にしたいと思い、沸騰してから弱火にしておく時間(いつもは14分にしている)を長くしたらどうかと実験してます。15分までのばしたけど、あまり変化なしです。やはり水加減で調節するのかな。 鮎川13_ごはん炊けた ごはんが炊けたので、早速卵かけごはんにします。やはりこれが一番です。 鮎川13_卵かけごはん

ゴールデンウィークは3シーズン用シュラフで大丈夫だったか

さて食べたら眠くなってきたので、そろそろインナーテントの方へ入ります。今日は車を長時間運転してきたので疲れましたよ。 鮎川13_そろそろインナーに エアーベットは冬からまだ使っていますが、冬用の寝袋は今回からやめて3シーズン用の封筒型ダウンシュラフに切り替えました。この3シーズン用のシュラフは、いつもファスナーを全開にして掛布団の様にして使っています。 シュラフについては3シーズン用でも大丈夫か(寒くないか)迷っていました。だけどそんな心配をよそに、この日はシュラフなしでも大丈夫な気候でした。(笑) 鮎川13_寝床 テントの戸締まりも出来たので寝ますね。 鮎川13_テントをしめる 今回はこのへんで。 続きは、次回「雨の朝サバ缶開ける音ひとつ」の記事をどうぞ。 おやすみなさい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事