スポンサーリンク

そして閑散としたキャンプ場に戻ってきた

前回の記事「今度こそ海をながめてボウズです」の続きです。

鮎川園地キャンプ場 6日目 2017年5月5日(金)の夜です。

今日は日が暮れるまで釣りをしていたので、キャンプ場に帰ってきた頃には、もう真っ暗でした。

驚いたのはキャンプ場に所狭しと並んでいたテントが、ほとんど無くなっていたことです。みなさん、やはり明日の雨の前に撤収されたのでしょうね。

人が少なくなってしまった鮎川園地キャンプ場で、ポツンと明かりがともる自分のテントをみていると連休の終わりの寂しさを感じます。今夜はそんな夜が更けていきます。

鮎川13_ユニツアー3へ

最後の夜はお寿司で楽しく

今日は最後の夜だし、明日の朝の片づけを簡単に済ませたいと思いスーパーで買ったお寿司で夕食です。2人分にしては、ちょっとたくさん買ってしまったか。でも、全部食べつくしましたよ。あっくんは、この後お茶漬けも食べてました。

鮎川13_すし

デザートのスイカです。もうスイカが食べられる季節なのですね。

鮎川13_スイカ

スポンサーリンク

それぞれの夜の過ごし方

あっくんは、いつものとおり食後に読書をしてます。この連休中は毎日文庫本4冊くらいのペースで読んでましたね。LEDランタンの電池もすっかりなくなってしまい、最後はガスランタンの前で読んでいましたよ。

鮎川13_本の虫

パパーマンといえば前室でまったりとしてましたよ。スノーピークのノクターンだけを点灯し、他の照明を消してやるといい雰囲気になりました。

鮎川13_ノクターンの夜

そして波の音が聞こえるキャンプ場で、FM福井を小さな音で聴いてました。

鮎川13_ラジオ

今回は、この辺で。

続きは次回(最終回)「春雨に濡れてキャンプの幕とじる」の記事をどうぞ。

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事