スポンサーリンク

今日はモミジの葉が萌える

4月7日(土)の午後、近所の公園に散歩に行ってきました。

ちょうど、1週間前に同じ公園で散歩をした時の様子はこちらです。

花のいのちは儚く、桜は先週がやはり最後だったようで今週はもうすっかり葉桜になっていました。またジョウビタキなどの冬鳥もいつの間にか姿を消し、少し寂しい公園でした。

寂しいとばかり思っていても仕方ないので、かわりに何か見つからないかと今回もカメラに100mmのマクロレンズをつけて公園をあちこち探して歩きました。

下の写真はモミジです。モミジというと秋の紅葉のイメージがありますが、パパーマンは春先の新緑のモミジの葉の色がとても好きで、自宅の庭にもモミジを植えているくらいです。モミジの葉は、まさに新緑の季節を代表する萌える緑色だと思っています。

公園で写真34_もみじ01

あまり目立たないモミジの花

モミジの葉が芽吹いた直後は、まだ下の写真のように葉の輪郭の部分が赤っぽいのです。それがしばらくすると徐々に緑色へと変わってきます。

公園で写真34_もみじ02

そしてこの季節によく観察するとモミジにも花が咲いていますよ。この花は4mmくらいのとても小さな花なので気づきにくいですね。(#^.^#)

もうしばらくすると、ブーメランみたいな形の種がなるはずです。

公園で写真34_もみじ03

次に見つけたのが、このピンク色の花のつぼみです。木の名前は分かりませんが、かわいらしい花です。

公園で写真34_つぼみ

スポンサーリンク

すみれは春の花

足元に、白いすみれをみつけました。

すみれといえば、1982年のことです。「すみれ September Love」という一風堂の曲がヒットし(のちにSHAZNAがこの曲をカバーしてこちらも売れた)、以来スミレは9月の花なのかとずっと思っていました。(;^ω^)

すみれは春の花ですね。(笑)

公園で写真34_すみれ

最近ずっと見られなかったカワセミを発見!

花を探すのに夢中になっていたのですが、ふと視線を感じて振り返ると、背後の池にカワセミ君がいました。(; ・`д・´)

おおっ!と驚き、慌ててカメラを向けますが、カメラには望遠レンズではなくてマクロレンズがついていました、"(-""-)"

もうダメもとで撮影してみたら、意外にもこのくらいまでならトリミングしても大丈夫な感じに写っていたので幸いでしたよ。やはりカワセミを見つけると、テンションが上がりますね。

公園で写真34_カワセミ01

この後、カワセミ君はすぐに飛んでいなくなりましたが、今日は久しぶりにワセミの姿を見ることができて、とても満足いく散歩になりました。

いやぁー、良い季節ですね。

公園で写真34_カワセミ02

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事