スポンサーリンク

カルガモが逃げるのがとまらない

今回は2017年12月2日(土)の朝のお散歩から。

カルガモの池を、懲りずにまた見に行きました。ここはいつもカルガモが何羽もいる見ていて楽しい池です。この季節は特に、水面に木の紅葉の色が映ってきれいなのですよ。

ただしパパーマンが池を覗くと、気づいたカルガモ達が凄い勢いで泳いで逃げていきます。(苦笑) そんなに怪しいかなぁ。。。

まぁ、そのくらいならまだいいのですが。

公園で写真19_カルガモ01

わざわざ飛んで逃げていかなくてもいいのじゃないかと。(-_-;) まさか獲って食おうって訳じゃないですから。

公園で写真19_カルガモ02

近所の公園のセグロセキレイ

その点、セグロセキレイは愛嬌があって好きですね。ああっ、この写真から近所の公園に移動してます。

公園で写真19_セグロセキレイ

ヒメジョオンの花です。

公園で写真19_ヒメジョオン

スポンサーリンク

コイは会話をする

いつもカワセミを観察している池にはコイがたくさん住んでいるので、時々訪れた方がエサなんかあげています。池のコイと言っても、錦コイや黒いコイ、いろいろな種類のコイが住んでいるわけなのですが、なぜかこの時は橋の下に黄色いコイだけが集まっていました。同じ色のコイだけ集まっているので親族会議でもやっているのかもしれませんね。(笑)ホント、なんだか不思議な光景です。

公園で写真19_コイの集会01

次々と、黄色いコイが集まってきています。こんなところを見てしまうと、コイは言葉を持っていて、仲間とコミュニケーションをとる能力があるのじゃないかと思ったりするのです。

公園で写真19_コイの集会02

今朝はいい天気です。なので、このあとはキャンプに出かけましたよ。

公園で写真19_山

それでは、今回はこのへんで。

 

「気になる隣のソロキャンプ」の発売!!
気になる隣のソロキャンプ表紙

東京書店さんから出版されるソロキャンプ本に、なんと!当ブログの管理人 ochanも参加させていただきました。

ソロキャンプのこだわりや、ノウハウなどを書いています。

私以外にも、InstagramやYoutubeなどでお馴染みのソロキャンパーさんが登場します。ソロキャンプ好きな方にきっとお楽しみいただける内容になっていますので、気になる方は是非お手に取ってみてくださいませ!!

書名『気になる隣のソロキャンプ』
発行 東京書店(東京書店株式会社 (tokyoshoten.net)
発売 2021年4月14日予定
気になる隣のソロキャンプ | スリーシーズン |本 | 通販 | Amazon

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事