スポンサーリンク

美瑛の丘の風景

8月10日(月)11:00

美瑛の丘めぐりは、まだまだ続きます。

親子の木

写真は親子の木です。この角度からはわかりにくいのですが、かしわの木が3本立っています。

北海道キャンプ47

同じ位置から、広角のレンズで見るとこんなかんじ

空には、厚い雲が。。。。晴れたら最高なのですが。

北海道キャンプ48

セブンスターの木

続いて、センブンスターの木です。

これも、かしわの木ですね。この木は昭和51年の観光タバコ「セブンスター」のパッケージに採用され有名になりました。

ここにも大きな駐車場があり、観光客が続々とやってきます。僕もちょっと休憩をすることにしました。

北海道キャンプ49

美瑛の観光をしていて気づいたのは、中国人の旅行客の方がとても多いことです。この季節は日本人より多いのではないかと感じるくらいです。

昔は観光地にある標識の文字は日本語+英語くらいでしたが、今は日本語と中国語で、英語はあったりなかったりです。

しょっぱいじゃがバター

少しお腹が空いてきたので、何か買おうかと近くにあった売店に入りました。店には売り場におばちゃんが一人座っていて。

朝から、お客さんが次々と訪れるせいか、完全に目をつぶって居眠りをしていました。きっとお疲れだったのだと思います。

眠りからおこすのは、かわいそうだったけど、やっぱりお腹が空いていたのでジャガバターが食べたくなり

「あのー、大丈夫ですか。」

と小さい声で聞いたら、驚いたように「大丈夫ですよ。」と言って飛び起き、

「何にしますか」と尋ねてきました。

おばちゃんが、作ってくれたジャガバター。寝起きのせいか塩がめちゃくちゃふりかけてあって、食べるとしょっぱい味でした。

でもおかげで僕も少し眠かったのですが、食べたらシャキッとしてきました。この味は思い出と共に忘れないことでしょう。

北海道キャンプ50

五稜の丘

ここからは、五稜の丘の写真です。

ここは美瑛でもマイナーなところで、この日は観光客は一人も見ませんでした。とても静かなところで、美瑛に寄ったら、僕はいつもここに来ます。

北海道キャンプ51

空はくもりなので景色はあまりいいとはいえませんが、壮大な風景はかわりません。

北海道キャンプ52

ムーブ君の写真も撮ってやろう。

丘の向こうへ、GO!

北海道キャンプ53

名もない一本の木。この木をみたくて、ここまできました。

その昔、ミッチーがオートバイの免許を取り二人でオートバイに乗ってこの道を走ったことがあります。

北海道キャンプ54

砂利道を、どんどん走っていきます。

北海道キャンプ55

これも名もない一本の木 特徴のある姿をしているので、印象に残ります。

北海道キャンプ56

12時を過ぎたので、そろそろ昼ごはんにしようと国道452線を美瑛の町に向かって走っていたらみつけた無人販売所。

トマト3個で100円でした。一袋、お買い上げ。

北海道キャンプ57

途中で偶然にも、親子の木をまたみつけました。ここから見ると、真ん中に子供の木があるのが分かりやすいですね。

北海道キャンプ58

親子の木を見ていたら、後ろにあった畑が気になり写真を撮りました。

なんだか枝豆のような実がなっていました。想像してみてください。この畑で、どれだけの豆が採れるのでしょう。

北海道キャンプ59

美瑛の道の駅で、昼ごはんにします。早起きすると、一日が長いですね。

それではまた。

続きは次回、北海道ソロキャンプの旅その10 美瑛カレーを食べる をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事