スポンサーリンク

キャンプに行けない日に読みたい一冊です

ゆるキャンをこれまで1巻、2巻と読んできて、すっかりツボにはまってしまったパパーマンです。

今回待望の3巻が発刊されたので早速購入して読みました。

この漫画ですが、タイトル通りに巻をかさねるごとに、どんどん雰囲気がゆるくなっていくのを感じます。

読んでいる読者の心もゆるくなり、心地よい雰囲気にさせてくれますね。

3巻は主人公の一人、リンがスクーターで一人旅+ソロキャンプに出かけるエピソードを中心に描かれています。

これはキャンプツーリングのお話といってもいいですね。

キャンプ場に到着するまでの観光地探索の楽しみやトラブルを乗り越えていく様子など、その場面にとても臨場感があって読者も一緒にドキドキハラハラしたりとキャンプやツーリングを楽しんでいる気分にさせてくれます。

これはかなり現地で取材をして書かれたに違いありません。

そういった意味でも、ゆるキャンはとて洗練された漫画だと思います。それから野外活動サークルで、キャンプ道具が高くて買えないというくだりは、なかなか笑えました。

このゆるキャン⛺、 キャンプに行きたいけど出かけられない方 に特におすすめです。

ゆるキャンのアニメ化も決まったようなので、今後の展開に期待ですね。

ゆるキャン03

今回は、このへんで。

それでは、また。

amazonより
アニメ化決定!ゆるーいキャンプコミック第3巻!一人じゃないキャンプの魅力も感じつつあるリンと、どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ。期末試験が終わった彼女たち、そして野クルメンバーの次のキャンプは…?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事