スポンサーリンク

ADIRONDACK(アディロンダック) スモールキャンパーズテーブルを購入した理由

前回は コールマン イージーリラックスチェアの紹介をしましたが、今回はファミリーキャンプで使用しているADIRONDACK(アディロンダック) スモールキャンパーズテーブルの紹介です。

このテーブルは、昔は小川キャンパルが販売していたものです。我が家のファミリーキャンプで使っているテントは小川キャンパルのロッジシェルターです。このテントには別売りのインナーテントを装着しているのですが、コンパクトなサイズのスモールキャンパーズテーブルがちょうどリビングのサイズにぴったりなのです。

スモールキャンパーズテーブルを観察する

まずは、角度を変えて全体をご覧ください。

スモールキャンパーズテーブル01

スモールキャンパーズテーブル02

スモールキャンパーズテーブル03

スポンサーリンク

ADIRONDACK(アディロンダック) スモールキャンパーズテーブルの主な仕様

スモールキャンパーズテーブルの主な仕様です。

  • サイズ(使用時):80×57×55cm
  • サイズ(収納時):82×18×16cm
  • 材質:(天板)アルミ合金、(フレーム)アルミ合金
  • 重量:約3.9kg
  • 耐荷重:約10kg
  • 付属品:ナイロン収納ケース

このテーブルは、高さ55cmというのがポイントで、我が家では椅子に座ってテーブルで調理をしているのですが高すぎず低すぎず、ちょうど良い高さになります。

そればかりではなくガスコンロの紹介の時にまた説明したいと思いますが、コンロを使うときにも都合がいい高さになります。

スモールキャンパーズテーブル04

スモールキャンパーズテーブルの収納サイズ

写真は、フレームを折りたたむところです。アルミのロールタイプのテーブルは初めて使いますが、フレームを折りたたむ時に手を挟みそうなのでここは注意が必要です。

スモールキャンパーズテーブル05

下の写真は、すべて折り畳んだところです。かなりコンパクトになりますよ。天板はロールなので、収納するときはくるくると巻くだけです。

スモールキャンパーズテーブル06

真ん中の黒い収納袋が、スモールキャンパーズテーブルです。

赤と緑の収納袋はコールマンのスリムキャプテンチェアのものですが、ほぼ同じサイズですね。

スモールキャンパーズテーブル07

少し高めの価格設定でが、構造はしっかりとしているので長く使えそうです。我が家はテントにぴったりのサイズであることと、ちょうど良い天板の高さにこだわって購入しましたが、同じように通常サイズの椅子に座ってテーブルで調理することを考えている方には、少し低めのこのテーブルはおすすめのキャンプ道具です。

それでは、今回はこのへんで。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事