前回の記事「焚き火の炎が燃え尽きるまで」の続きです。

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある粕川オートキャンプ場 2018年10月27日(日)の朝です。

スポンサーリンク

橋の下から上ってくる太陽

目が覚めてテントの中から這い出たら、ちょうど日の出前。

「おっ、いい時間だ!」

少しの間だけ椅子に座って待っていたら、橋の向こうから太陽が出てきました。久しぶりに見た朝日です。

さて日曜日のはじまりです。

粕川56_日の出

昨夜はほとんど風がf吹かず、そのせいか寒さはあまり感じませんでした。試しにテントの入り口は開けたままで寝てみましたが、寒くは無くて十分寝られました。もっとも布団も新調したばかりなのでまだフカフカですから、特に暖かいのかもしれませんね。

ところが朝方は気温が低かったようで、パンダTCタープの内側が下の写真の様に結露していました。

粕川56_結露

青空の広がる粕川オートキャンプ場

日が上ると、青空が広がるいい天気になりました。気温も上がってなかなか心地よい気候です。そのせいか、目の前の草むらでバッタ君がたくさん跳ねていました。暖かいと、虫も元気になりますね。

粕川56_日曜日はいい天気

昨日はあまりよく見ていませんでしたが、パンダTCがピンと張れていたので見ていて気持ちが良いです。(←完全に自己満足です。)(笑)

粕川56_パンダTCピンと張れた

スポンサーリンク

秋の代表的な白い花を見つけた

散歩中に道端で見つけた白いキク科の花。これはノコンギクですね。

粕川56_ダイコンギク

草むらの中にバッタ君。ここは草の背が高いので、見つけるのがけっこう大変でした。

粕川56_バッタ

朝はお湯を沸かしてスタート

薪は昨夜使い切ったので、ここはSOTOのST-310でお湯を沸かします。

粕川56_キャンプケトルをガスバーナーで

朝はいつものように、昨夜の残りのご飯をお茶漬けにしました。

粕川56_お茶漬け

最後に、インスタントコーヒーで一息。

粕川56_インスタントコーヒーで

それでは、今回はこのへんで。

続きは次回「粕川オートキャンプ場 秋はどこだ?」の記事をどうぞ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事